完璧な音を徹底追求、ピアノ調律師の丹念な仕事ぶりを追った記録映画『ピアノマニア』

ピアノの調律師に光をあてるドキュメンタリー映画『ピアノマニア』が、2012年1月21日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される。

同作は、ピアノの老舗メーカーSteinway &
Sons社を代表するドイツ人調律師、シュテファン・クニュップファーの仕事ぶりを追ったもの。J.S.バッハ“フーガの技法”の録音を1年後に控えたフランスのピアニスト、ピエール=ロラン・エマールと、演奏に使用される名器の調律を任されたシュテファンによる、微妙な響きにまで及ぶ2人の「ピアノマニア」同士の濃密なやりとりが、丹念かつスリリングに描き出される。

また、中国の人気ピアニスト、ラン・ランから、引退を目前に控えた巨匠アルフレート・ブレンデルまで、シュテファンに信頼を寄せるピアニストたちのリハーサル風景も見どころとなる。なお、同作は全シーンがドルビーサラウンドで収録され、完璧な響きを徹底的に探求するシュテファンの手による音色の微細な変化を体感できるほか、出演者たちによる演奏も堪能することができる。

『ピアノマニア』

2012年1月21日からシネマート新宿ほか全国で順次公開
監督:リリアン・フランク、ロベルト・シビス
出演:
シュテファン・クニュップファー
ピエール=ロラン・エマール
ラン・ラン
ティル・フェルナー
クリストフ・コラー
アルフレート・ブレンデル
ジュリアス・ドレイク
イアン・ボストリッジ
リチャード・ヒョンギ・ジョー
アレクセイ・イグデスマン
クリストフ・クラーセン
ロビアス・レーマン
マリタ・プローマン
ルドルフ・ブッフビンダー
配給:エスピーオー

(画像:©OVAL Filmemacher / WILDart FILM)

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 完璧な音を徹底追求、ピアノ調律師の丹念な仕事ぶりを追った記録映画『ピアノマニア』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて