ニュース

タイポグラフィの発展を一覧、20世紀の世界のポスターデザインが集結した展覧会

20世紀を代表する世界のグラフィックデザイナーたちの、文字をめぐるポスターデザインを一覧できる展覧会『20世紀のポスター「タイポグラフィ」−デザインのちから・文字のちから』が、東京・白金台の東京都庭園美術館で1月29日から開催される。

商品の宣伝、映画や演劇の告知、そして社会にメッセージを発信するため、ポスターは目覚ましい発達を遂げてきたが、その端緒は15世紀のグーテンベルクによる活版印刷術の発明に始まる。金属活字から写真植字へ、そしてデスクトップパブリッシング(DTP)へと3世代に渡る技術革新が起こる中、美しい文字の表現とその技法が「タイポグラフィ」と呼ばれるようになった。

同展では、竹尾ポスターコレクションの中から、特にタイポグラフィを中心に扱った20世紀のアメリカ、ドイツ、スイス、イタリアなどのポスターを厳選。さらに優れたタイポグラフィ表現をもつ戦後日本のポスター作品と合わせ、マックス・フーバー、アラン・フレッチャー、亀倉雄策、原弘、杉浦康平らの作品、約110点を展示する。ヨーロッパの前衛芸術運動などの影響を大きく受けた20世紀前半のポスター作品やアメリカで発展したモダンデザイン、その後のポストモダンを意識したデザイン、DTPの技術革新による電子時代のタイポグラフィなど、時代を追った4部構成となっている。

激動の世紀を生きる人々へ様々な言葉を投げかけ、時代をつくり出してきた文字のデザインは、国や地域ごとにどのように異なるのか。次世代の情報メディアと社会のつながりを展望する上でも、20世紀のタイポグラフィ表現は貴重な指標となるだろう。

CINRA.NETでは、『20世紀のポスター「タイポグラフィ」−デザインのちから・文字のちから』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名欄に「20世紀のポスター展招待券応募」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年1月26日)

『20世紀のポスター「タイポグラフィ」−デザインのちから・文字のちから』

2011年1月29日(土)~3月27日(日)
会場:東京都 白金台 東京都庭園美術館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)

主な出品作家:
アドルフ・ムーロン・カッサンドル
エル・リシツキー
マックス・ビル
マックス・フーバー
ジョヴァンニ・ピントーリ
エミル・ルーダーヨゼフ・ミューラー=ブロックマン
アルミン・ホフマン
ハーブ・ルバリン
ウェス・ウィルソン
ヴォルフガング・ヴァインガルト
アラン・フレッチャー
エイプリル・グレイマン
ブルーノ・モングッツィ
山城隆一
亀倉雄策
原弘
田中一光
粟津潔
植松国臣
横尾忠則
杉浦康平
ほか

休館日:第2、第4水曜日(2月9日、2月23日、3月9日、3月23日)
料金:一般1,000円 大学生800円 小中高校生・65歳以上500円
※ドレスコード割引
文字のデザイン=タイポグラフィに注目した本展にちなみ、漢字がプリントされた服装でご来館されたお客様は100円割引いたします。(他割引との併用はできません。)

『トークショー「タイポグラフィと私」(仮称)』

2011年2月19日(土)
会場:東京都 白金台 国立科学博物館附属自然教育園
時間:14:00~15:30(開場13:30)
講師:佐藤晃一(多摩美術大学教授)、中島祥文(多摩美術大学教授)
司会:澤田泰廣(多摩美術大学教授)
定員:80名
申込締切:メール申込、2月4日(金)まで
料金:無料

『ギャラリートーク』

2011年2月10日(木)、2月24日(木)、3月10日(木)、3月24日(木)
会場:東京都 白金台 東京都庭園美術館展示室内
時間:各日15:30~
料金:無料

(画像上:エル・リシツキー 《「ソヴィエト連邦」展》1929年、画像中:亀倉雄策 《ニコンSP》1957年(1990年再製作) 財団法人DNP文化振興財団蔵 ©Yusaku Kamekura、画像下:原弘 《日本タイポグラフィ展》1959年 特種東海製紙株式会社蔵 ©Hiromu Hara)

エル・リシツキー 《「ソヴィエト連邦」展》1929年
エル・リシツキー 《「ソヴィエト連邦」展》1929年
亀倉雄策 《ニコンSP》1957年(1990年再製作) 財団法人DNP文化振興財団蔵 ©Yusaku Kamekura
亀倉雄策 《ニコンSP》1957年(1990年再製作) 財団法人DNP文化振興財団蔵 ©Yusaku Kamekura
原弘 《日本タイポグラフィ展》1959年 特種東海製紙株式会社蔵 ©Hiromu Hara
原弘 《日本タイポグラフィ展》1959年 特種東海製紙株式会社蔵 ©Hiromu Hara
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ヒトリエ“青”

ヒトリエのニューアルバム『HOWLS』の収録曲“青”のMVが公開。淡い色彩の中で力強くこだまするバンド演奏と、男女2人の刹那的で美しいシーンが織りなす世界観が、切ない歌詞とリンクしながらさらに加速していくようだ。MV中も印象的に使われている「青」が、楽曲を鮮やかに彩り、余韻を残している。デビュー5周年を迎えたヒトリエを牽引するにふさわしい、儚くも力強いバラード楽曲。(野々村)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る