ニュース

国内の15ギャラリーが集結、アートフェア『G-tokyo 2011』が規模拡大で開催

東京発のコンテンポラリーアートフェア『G-tokyo 2011』が、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで2月19日より開催される。

同フェアは、グローバルなアートシーンに参画し影響を与えてきたギャラリーによる、新作を中心とした個展や企画展で構成される。奈良美智や蜷川実花らが所属する「小山登美夫ギャラリー」や、森山大道、荒木経惟らが所属している「タカ・イシイギャラリー」、宇川直宏、高木正勝、できやよいらが所属する「山本現代」など、日本の現代アートの流れを牽引する15ギャラリーが集結する。

また、2回目となる今年は、昨年より開催期間が1週間延長されている。これは前回の『G-tokyo2010』の短い会期と、趣向を凝らした展示の数々も瞬く間に姿を消したことを惜しむ多くの声を反映したもので、2日間のフェア本開催の後、1週間のエキシビションウイークへ続く。さらに、会期中には様々なイベントも予定され、見応えのあるギャラリーショーが展開される。


『G-tokyo 2011』

『ギャラリー・デイズ ―アートフェア本会期―』

2011年2月19日(土)、2月20日(日)
会場:東京都 六本木 森アーツセンターギャラリー
時間:11:00~21:00

『エキシビション・ウイーク』

2011年2月21日(月)~2月27日(日)
時間:11:00~20:00 (ただし25日、26日は21:00まで)

出展ギャラリー:
アラタニウラノ
ギャラリー小柳
ギャラリーSIDE2
ヒロミヨシイ
ケンジタキギャラリー
児玉画廊
小山登美夫ギャラリー
ミヅマアートギャラリー
オオタファインアーツ
SCAI THE BATHHOUSE
シュウゴアーツ
タカ・イシイギャラリー
TARO NASU
ワコウ・ワークス・オブ・アート
山本現代

料金:一般1,200円 大学・高校生1,000円 4歳~中学生500円 (当日限り有効)

(画像上から:細江英公『薔薇刑#5 / Ordeal by Roses #5』1961 565x383mm プラチナ・パラジウムプリント、加藤泉『無題』2007年 木、アクリル絵具、木炭、シリコン h.65 x w.60 cm、Wolfgang Tillmans『Silver Installation X』2010 unique C-type prints 190.7 cm x 427.4 cm Courtesy WAKO WORKS OF ART、ジョージェ・オズボルト『Just the Two of Us』2009 acrylic on icon board 60.0x49.5cm © Djordje Ozbolt Courtesy of TARO NASU)

細江英公『薔薇刑#5 / Ordeal by Roses #5』1961 565x383mm プラチナ・パラジウムプリント
細江英公『薔薇刑#5 / Ordeal by Roses #5』1961 565x383mm プラチナ・パラジウムプリント
加藤泉『無題』2007年 木、アクリル絵具、木炭、シリコン h.65 x w.60 cm
加藤泉『無題』2007年 木、アクリル絵具、木炭、シリコン h.65 x w.60 cm
Wolfgang Tillmans『Silver Installation X』2010 unique C-type prints 190.7 cm x 427.4 cm Courtesy WAKO WORKS OF ART
Wolfgang Tillmans『Silver Installation X』2010 unique C-type prints 190.7 cm x 427.4 cm Courtesy WAKO WORKS OF ART
ジョージェ・オズボルト『Just the Two of Us』2009 acrylic on icon board 60.0x49.5cm © Djordje Ozbolt Courtesy of TARO NASU
ジョージェ・オズボルト『Just the Two of Us』2009 acrylic on icon board 60.0x49.5cm © Djordje Ozbolt Courtesy of TARO NASU
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会