ニュース

ジョン・ケージ最大のライブ作品が日本初上演、足立智美、毛利悠子らが再構築

実験音楽の巨匠、ジョン・ケージの歴史的作品『ヴァリエーションズVII』が、1月29日と30日の2日間にわたって東京・浅草のアサヒ・アートスクエアで上演される。

1966年にNYで初演された『ヴァリエーションズVII』は、ジョン・ケージ最大規模のライブエレクトロニクス作品だ。最大の特徴は、録音された音、事前に用意した音を一切使わず上演されること。空中に飛び交う電波、心臓や衣擦れのような小さ過ぎて聴こえない音、遠くにあって届かない音、アナログ電子回路が生み出す電気の波などそれらすべてを受け止め、エレクトロニクスによって可聴化、混合し、17チャンネルのスピーカーから放出する。

同公演では、未出版のジョン・ケージ本人によるメモと、初演時のエンジニアの記録をもとに、テクノロジー環境の変化も考慮した上で『ヴァリエーションズVII』を再構築。出演者は、2007年に『サントリー・サマー・フェスティバル』でケージ作品『ユーロペラ5』の演出を手掛けたパフォーマーの足立智美をはじめ、有馬純寿、池田拓実、毛利悠子の4人。会場のアサヒ・アートスクエアが、巨大な受信機に変化する。なお、同作は今回が日本初上演となる。

音楽の複数次元
『ジョン・ケージ「ヴァリエーションズVII」』

2011年1月29日(土)START 19:00
2011年1月30日(日)START 15:00
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア

出演:
足立智美
有馬純寿
池田拓実
毛利悠子

料金:前売2,500円 当日2,900円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今