ニュース

大橋可也と空間現代による異種格闘戦、ECD、ロロ、伊東篤宏のOFFSEASONら登場

振付家の大橋可也とオルタナティブロックバンド空間現代による共同企画イベント『Action, Sound, Conflict』が、3月21日に東京の六本木スーパーデラックスで開催される。

第1弾となる今回は、大橋可也&ダンサーズと空間現代のコラボレーションによるパフォーマンスが披露されるほか、日本HIP HOP黎明期から活動を続けるラッパーECD、三浦直之率いる注目の演劇集団「ロロ」、カテゴライズ不能なサウンドとステージングで美術やダンスの領域へも活動の幅を広げているcore of bells、そして、HIKO(GAUZE)、伊東篤宏(Optrum)らによるハードコアノイズバンドOFFSEASONが登場する。

世代やジャンルも越えた同イベントに対して、空間現代のアルバムをリリースしている「UNKNOWNMIX/HEADZ」のオーナーでもある佐々木敦は、「大橋可也&ダンサーズと空間現代。この組み合わせには強烈な必然性を感じる。ほとんど運命にも似たインテンシブな納得を。だが恐らく、実際の遭遇はそのような感覚を根こそぎ喰い破るようなものになるだろう。肉体と音楽の容赦なき闘争。アクションとサウンドの絶対的邂逅を目撃せよ!」とコメントを寄せている。

『Action, Sound, Conflict』

2011年3月21日(月・祝)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 六本木スーパーデラックス

出演:
大橋可也&ダンサーズ+空間現代
OFFSEASON(伊東篤宏+HIKO+黒パイプスターダスト)
core of bells
ロロ
ECD

料金:前売・25歳以下2,300円 前売・26歳以上2,800円 当日3,300円(すべてドリンク別)

(画像上:大橋可也&ダンサーズ、画像下:ECD)

大橋可也&ダンサーズ
大橋可也&ダンサーズ
ECD
ECD
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場