ニュース

居住可能な空中都市とは、トマス・サラセーノによる大規模インスタレーション展

世界各地にある文化施設の屋内外を使用した大規模なインスタレーションで注目を集めるトマス・サラセーノの展覧会『「クラウド・シティ」トマス・サラセーノ展』が、3月18日より東京・銀座のメゾンエルメス8階フォーラムで開催される。

1973年にアルゼンチンで生まれたサラセーノは、大学にて建築を学んだ後、ヨーロッパに渡り、現在はドイツのフランクフルトを拠点に活動している。2006年の『サンパウロ・ビエンナーレ』、2009年の『ヴェネチア・ビエンナーレ』に出展するなど、国際的な活躍で注目を集める彼の作品は、クモの巣や泡、雲などのイメージをもとに、いかにして世界を持続させながら共生共存するのかという問いに対する「予見」のような表現をみせる。

同展では、ガラスブロックで空につながる同会場の特性を生かし、空中に浮かぶ居住可能なセルの結合体からなる「空中都市」を表現することで、泡のような構造体からなる新たな生命圏の可能性を示唆している。

流動的で境界線のないグローバルな共同生活のビジョンを映し出すサラセーノの作品は、未来像と現実世界の自発的な対話を生み出し、観るものにその結節点を体験させてくれるだろう。

※東北地方太平洋沖地震の影響により開催が延期されました

『「クラウド・シティ」トマス・サラセーノ展』

2011年3月18日(金)~6月5日(日)
会場:東京都 銀座 メゾンエルメス8階フォーラム
時間:11:00~20:00(日曜は19:00まで、入場は閉館の30分前まで)
料金:無料

(画像上から:Installation views Tomas Saraceno: Biospheres, Statens Museum Kunst, Copenhagen, Denmark, 2009-2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY、Installation views Tomas Saraceno: Lighter than Air, Walker Art Center, Minneapolis, MN 2009 Photo: Cameron Wittig Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY、Galaxies forming along filaments, like droplets along the strands of a spider´s web 2008 Elastic rope dimensions variable Installation view, Making Worlds, 53rd Venice Biennale, Venice, Italy 2009 photo Tomas Saraceno Courtesy the artist;Tanya Bonakdar Gallery, New York; Pinksummer, Genova; Andersen_S Contemporary, Copenhagen and Berlin、Installation views Tomas Saraceno, Bonniers Konsthall, 2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY)

Installation views Tomas Saraceno: Biospheres, Statens Museum Kunst, Copenhagen, Denmark, 2009-2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Installation views Tomas Saraceno: Biospheres, Statens Museum Kunst, Copenhagen, Denmark, 2009-2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Installation views Tomas Saraceno: Lighter than Air, Walker Art Center, Minneapolis, MN 2009 Photo: Cameron Wittig Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Installation views Tomas Saraceno: Lighter than Air, Walker Art Center, Minneapolis, MN 2009 Photo: Cameron Wittig Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Galaxies forming along filaments, like droplets along the strands of a spider´s web 2008 Elastic rope dimensions variable Installation view, Making Worlds, 53rd Venice Biennale, Venice, Italy 2009 photo Tomas Saraceno Courtesy the artist;Tanya Bonakdar Gallery, New York; Pinksummer, Genova; Andersen_S Contemporary, Copenhagen and Berlin
Galaxies forming along filaments, like droplets along the strands of a spider´s web 2008 Elastic rope dimensions variable Installation view, Making Worlds, 53rd Venice Biennale, Venice, Italy 2009 photo Tomas Saraceno Courtesy the artist;Tanya Bonakdar Gallery, New York; Pinksummer, Genova; Andersen_S Contemporary, Copenhagen and Berlin
Installation views Tomas Saraceno, Bonniers Konsthall, 2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Installation views Tomas Saraceno, Bonniers Konsthall, 2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年