ニュース

居住可能な空中都市とは、トマス・サラセーノによる大規模インスタレーション展

世界各地にある文化施設の屋内外を使用した大規模なインスタレーションで注目を集めるトマス・サラセーノの展覧会『「クラウド・シティ」トマス・サラセーノ展』が、3月18日より東京・銀座のメゾンエルメス8階フォーラムで開催される。

1973年にアルゼンチンで生まれたサラセーノは、大学にて建築を学んだ後、ヨーロッパに渡り、現在はドイツのフランクフルトを拠点に活動している。2006年の『サンパウロ・ビエンナーレ』、2009年の『ヴェネチア・ビエンナーレ』に出展するなど、国際的な活躍で注目を集める彼の作品は、クモの巣や泡、雲などのイメージをもとに、いかにして世界を持続させながら共生共存するのかという問いに対する「予見」のような表現をみせる。

同展では、ガラスブロックで空につながる同会場の特性を生かし、空中に浮かぶ居住可能なセルの結合体からなる「空中都市」を表現することで、泡のような構造体からなる新たな生命圏の可能性を示唆している。

流動的で境界線のないグローバルな共同生活のビジョンを映し出すサラセーノの作品は、未来像と現実世界の自発的な対話を生み出し、観るものにその結節点を体験させてくれるだろう。

※東北地方太平洋沖地震の影響により開催が延期されました

『「クラウド・シティ」トマス・サラセーノ展』

2011年3月18日(金)~6月5日(日)
会場:東京都 銀座 メゾンエルメス8階フォーラム
時間:11:00~20:00(日曜は19:00まで、入場は閉館の30分前まで)
料金:無料

(画像上から:Installation views Tomas Saraceno: Biospheres, Statens Museum Kunst, Copenhagen, Denmark, 2009-2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY、Installation views Tomas Saraceno: Lighter than Air, Walker Art Center, Minneapolis, MN 2009 Photo: Cameron Wittig Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY、Galaxies forming along filaments, like droplets along the strands of a spider´s web 2008 Elastic rope dimensions variable Installation view, Making Worlds, 53rd Venice Biennale, Venice, Italy 2009 photo Tomas Saraceno Courtesy the artist;Tanya Bonakdar Gallery, New York; Pinksummer, Genova; Andersen_S Contemporary, Copenhagen and Berlin、Installation views Tomas Saraceno, Bonniers Konsthall, 2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY)

Installation views Tomas Saraceno: Biospheres, Statens Museum Kunst, Copenhagen, Denmark, 2009-2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Installation views Tomas Saraceno: Biospheres, Statens Museum Kunst, Copenhagen, Denmark, 2009-2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Installation views Tomas Saraceno: Lighter than Air, Walker Art Center, Minneapolis, MN 2009 Photo: Cameron Wittig Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Installation views Tomas Saraceno: Lighter than Air, Walker Art Center, Minneapolis, MN 2009 Photo: Cameron Wittig Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Galaxies forming along filaments, like droplets along the strands of a spider´s web 2008 Elastic rope dimensions variable Installation view, Making Worlds, 53rd Venice Biennale, Venice, Italy 2009 photo Tomas Saraceno Courtesy the artist;Tanya Bonakdar Gallery, New York; Pinksummer, Genova; Andersen_S Contemporary, Copenhagen and Berlin
Galaxies forming along filaments, like droplets along the strands of a spider´s web 2008 Elastic rope dimensions variable Installation view, Making Worlds, 53rd Venice Biennale, Venice, Italy 2009 photo Tomas Saraceno Courtesy the artist;Tanya Bonakdar Gallery, New York; Pinksummer, Genova; Andersen_S Contemporary, Copenhagen and Berlin
Installation views Tomas Saraceno, Bonniers Konsthall, 2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
Installation views Tomas Saraceno, Bonniers Konsthall, 2010 Courtesy the artist and Tanya Bonakdar Gallery, New York, NY
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像