ニュース

邪悪な7人の元カレ軍団と戦うアクションラブコメ、楽曲提供にCORNELIUS、BECK、BSS

テレビゲームやロックなどの要素を、恋愛バトルと巧みに融合させた映画『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』が、4月29日からシネマライズほか全国で公開される。

カナダに住む22歳の青年スコット・ピルグリムは、売れないバンドでベースを弾きながら、ゲームやデートをして日々を過ごしていたが、不思議な女の子ラモーナに恋をして生活が一変。彼女と付き合うには、邪悪な元カレ7人を倒さなければならず、スコットは愛しいラモーナのために次々と現れる元カレたちと闘う羽目になる。

ブライアン・リー・オマリーの原作漫画『スコット・ピルグリム』を、日本のテレビゲームや漫画などのパロディ要素満載の痛快なバトルアクションラブコメディへと仕立てあげたのは、映画『ホット・ファズ−俺たちスーパーポリスメン!』のエドガー・ライト監督。主人公役を『JUNO/ジュノ』のヒットで注目を集めるマイケル・セラが演じている。

また、元カレ軍団として、日本からは斉藤祥太・斉藤慶太兄弟が登場しており、劇中でCORNELIUS作のエレクトロナンバーを演奏。さらに、スコット・ピルグリム率いるバンド「Sex Bob-Omb」の演奏曲は、BECKによる書き下ろしのこと。ライバルバンド「Crash'n the Boys」の曲は物語の舞台となるトロントのバンドBroken Social Sceneが演奏する点も必見だ。

『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』

2011年4月29日より、シネマライズほか全国順次ロードショー
監督:エドガー・ライト
脚本:マイケル・バコール&エドガー・ライト
出演:
マイケル・セラ
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
キーラン・カルキン
クリス・エヴァンス
アナ・ケンドリック
アリソン・ピル
ブランドン・ラウス
ジェイソン・シュワルツマン
斉藤祥太
斉藤慶太
配給:アステア+パルコ

(画像:©2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED)

©2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
©2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで