ニュース

日常の役割を越えて出現する新しい風景、ベルリンを拠点に活躍する田口行弘個展

ベルリンを拠点に活躍する現代美術家・田口行弘の多様な表現を紹介する『Pan! Pan! Pan!』が、東京・清澄白河のSNACで4月9日から開催される。

田口は、ギャラリー空間から街中まで様々な場所を舞台に、ドローイングやパフォーマンス、アニメーション、インスタレーションが混然一体となった「パフォーマティブ・インスタレーション」で近年注目を集めるアーティスト。ものを少しずつ動かす様子を写真で記録し、撮影したそれらの画像をつなぎ合わせて映像作品にする「ストップモーション・アニメーション」も制作しており、この2つの手法を主軸とした表現活動を展開している。

同展では、鏡やアクリル板、合板をはじめ、SNACに元からあった扉や障子など板状のもので会場を構成。そうして作りだした場に、田口が海外で近年行ったプロジェクトの映像作品の上映や、写真を展示するほか、会場全体をコラージュするなど新たな試みを展開する。普段見慣れた様々なものが日常の中で果たす役割を飛び越え、大胆につながり合うことで新しい風景が出現する予定だ。

また森美術館では、若手アーティストを応援する『MAMプロジェクト』でも田口の個展が同時に開催される。美術館展示室の白い壁を、六本木ヒルズ内外の様々な場所に設置し、少しずつ動かしながら空間を新たなものにつくり上げる『Moment』シリーズの新作が発表される。

『田口行弘展 Pan! Pan! Pan!』

2011年4月9日(土)~5月14日(土)
会場:東京都 清澄白河 無人島プロダクション SNAC
時間:12:00~20:00(火~金曜)、11:00~19:00(土~日曜)
休館日:月曜、祝日
※計画停電の影響によりオープン時間が変更になる可能性があるため、ご来場の際は事前にウェブサイトでご確認ください。また、会期中はエアコンを停止するため、屋外と同じ気温になります

『オープニングレセプション』

2011年4月9日(土)18:00~20:00

『MAMプロジェクト014:田口行弘』

2011年3月26日(土)~8月28日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館 ギャラリー1
時間:月・水~日曜10:00~22:00、火曜10:00~17:00(入館は閉館時間の30分前まで)
料金:一般1,500円 学生(高校生・大学生)1,000円 子供(4歳~中学生)500円
※森美術館「フレンチ・ウィンドウ展」と共通、展望台 東京シティビュー(スカイデッキ除く)への入館料を含みます
※会期中無休

『アーティストトーク』

2011年4月16日(土)14:00~15:30
会場:東京都 六本木 森美術館展示室内
出演:田口行弘
定員:80名
料金:無料(要予約・要展覧会チケット)
※日英同時通訳付

『展覧会カタログ』

2011年4月16日予定
価格:1,300円(税込)
発行:森美術館
言語:日本語、英語

(画像上:©2010 Yukihiro Taguchi courtesy of Mujin-to Production、画像下:©2009 Yukihiro Taguchi courtesy of Mujin-to Production)

©2010 Yukihiro Taguchi courtesy of Mujin-to Production
©2010 Yukihiro Taguchi courtesy of Mujin-to Production
©2009 Yukihiro Taguchi courtesy of Mujin-to Production
©2009 Yukihiro Taguchi courtesy of Mujin-to Production
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー