ニュース

『爆音映画祭』上映作品にゆら帝ライブ映像、L・フォン・トリアー長編デビュー作ら

6月24日から7月8日まで、東京・吉祥寺のバウスシアターで開催される『第4回 爆音映画祭』の上映作品が続々と明らかになっている。

上映が決定したのは、『バッドルーテナント』(ヴェルナー・ヘルツォーク監督)、『ローラーガールズ・ダイアリー』(ドリュー・バリモア監督)、『セーラー服と機関銃』(相米慎二監督)、『インランド・エンパイア』(デヴィッド・リンチ監督)、『ゆらゆら帝国 2009.04.26 LIVE@日比谷野外大音楽堂』(大根仁監督)、『エレメント・オブ・クライム』(ラース・フォン・トリアー監督)など計11本。

なお、リクエスト投票の結果も発表され、1位に『キック・アス』(マシュー・ボーン監督)、2位に『AKIRA デジタル・リマスター版』(大友克洋監督)、3位に『狂った野獣』(中島貞夫監督)がランクインしている。

『爆音映画祭』は、音楽ライブ用の音響セッティングをフルに使った大音量の中で作品を楽しむ映画祭。今後の追加上映作品の発表も楽しみに待とう。

『第4回 爆音映画祭』

2011年6月24日(金)~7月8日(金)
会場:東京都 吉祥寺 バウスシアター

上映作品:
『ゆらゆら帝国 2009.04.26 LIVE@日比谷野外大音楽堂』(監督:大根仁)
『バッドルーテナント』(監督:ヴェルナー・ヘルツォーク)
『ソウルメン』(監督:マルコム・D・リー)
『ALI』(監督:マイケル・マン)
『サウダーヂ』(監督:富田克也)
『エレメント・オブ・クライム』(監督:ラース・フォン・トリアー)
『ローラーガールズ・ダイアリー』(監督:ドリュー・バリモア)
『ミレニアム・マンボ』(監督:ホウ・シャオシェン)
『ハーダー・ゼイ・カム』(監督:ペリー・ヘンゼル)
『インランド・エンパイア』(監督:デヴィッド・リンチ)
『セーラー服と機関銃』(監督:相米慎二)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる