ニュース

『爆音映画祭』上映作品にゆら帝ライブ映像、L・フォン・トリアー長編デビュー作ら

6月24日から7月8日まで、東京・吉祥寺のバウスシアターで開催される『第4回 爆音映画祭』の上映作品が続々と明らかになっている。

上映が決定したのは、『バッドルーテナント』(ヴェルナー・ヘルツォーク監督)、『ローラーガールズ・ダイアリー』(ドリュー・バリモア監督)、『セーラー服と機関銃』(相米慎二監督)、『インランド・エンパイア』(デヴィッド・リンチ監督)、『ゆらゆら帝国 2009.04.26 LIVE@日比谷野外大音楽堂』(大根仁監督)、『エレメント・オブ・クライム』(ラース・フォン・トリアー監督)など計11本。

なお、リクエスト投票の結果も発表され、1位に『キック・アス』(マシュー・ボーン監督)、2位に『AKIRA デジタル・リマスター版』(大友克洋監督)、3位に『狂った野獣』(中島貞夫監督)がランクインしている。

『爆音映画祭』は、音楽ライブ用の音響セッティングをフルに使った大音量の中で作品を楽しむ映画祭。今後の追加上映作品の発表も楽しみに待とう。

『第4回 爆音映画祭』

2011年6月24日(金)~7月8日(金)
会場:東京都 吉祥寺 バウスシアター

上映作品:
『ゆらゆら帝国 2009.04.26 LIVE@日比谷野外大音楽堂』(監督:大根仁)
『バッドルーテナント』(監督:ヴェルナー・ヘルツォーク)
『ソウルメン』(監督:マルコム・D・リー)
『ALI』(監督:マイケル・マン)
『サウダーヂ』(監督:富田克也)
『エレメント・オブ・クライム』(監督:ラース・フォン・トリアー)
『ローラーガールズ・ダイアリー』(監督:ドリュー・バリモア)
『ミレニアム・マンボ』(監督:ホウ・シャオシェン)
『ハーダー・ゼイ・カム』(監督:ペリー・ヘンゼル)
『インランド・エンパイア』(監督:デヴィッド・リンチ)
『セーラー服と機関銃』(監督:相米慎二)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで