ニュース

気鋭・名和晃平の作品世界の全貌を体感、東京都現代美術館で大規模個展

気鋭の若手現代美術作家・名和晃平の大規模個展『名和晃平―シンセシス展』が、6月11日から東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催される。

名和は、「Cell」という概念をもとに、先鋭的な彫刻・空間表現を展開するアーティスト。ビーズやプリズム、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど流動的な素材を情報社会における感覚や思考のメタファーとして扱い、デジタルとアナログの間を揺れ動く身体と知覚、感性のリアリティを多義的に表現している。2009年からは、旧サンドイッチ工場を改装した多ジャンル創作活動のプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げて運営するほか、近年はBEAMS、ユニクロといった企業とのコラボレーションを行い、また京都造形芸術大学で教鞭を取るなど、国内外で幅広く活動している。

同展では、名和がこれまでシリーズ展開してきた作品の各カテゴリーが、初めて総合的に展示される。動物の剥製などを透明のビーズで覆う「BEADS」、光を分光するプリズムシートを用いて箱の中のオブジェを虚像にする「PRISM」、白く発光するシリコーンオイルの表面の泡を無数に生成し「セル」として表現する「LIQUID」、グルーガンで壁に描かれて成長する植物のような「GLUE」、発泡ポリウレタンによって作られた表皮が、pixcellの泡から湧き出たあく(=Scum)として膨らみと鈍磨していく感覚を示した「SCUM」といった各カテゴリーの作品が、地下2階企画展示室とアトリウムの空間全体を使って、小さなオブジェから大型作品まで多数展示される。

会場は各カテゴリー間を繰り返し回遊できる構造になっており、また各カテゴリーをつなぐ通過点を展示する試みなど、名和の作品世界全体を心ゆくまで体感することができる。


CINRA.NETでは、『名和晃平―シンセシス展』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名欄に「名和晃平―シンセシス展」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年5月25日)

『名和晃平―シンセシス展』

2011年6月11日(土)~8月28日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館
時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(ただし7月18日、8月15、22日は開館、7月19日は休館)
料金:一般1,100円 学生・65歳以上800円 中高生600円 小学生以下無料

(画像上から:《PixCell-Double Deer#4, 2010, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE, 撮影:表恒匡、《PixCell_Saturation#2》(部分)“L_B_S”メゾンエルメス8Fフォーラム(東京)展示風景, 2009, Work created with the support of the Fondation d'entreprise Hermès, 撮影:豊永政史、《Dot Movie, 2009, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE and Gallery Nomart、《Catalyst#11》(部分), 2008, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE and Gallery Nomart, 撮影:豊永政史)

《PixCell-Double Deer#4, 2010, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE, 撮影:表恒匡
《PixCell-Double Deer#4, 2010, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE, 撮影:表恒匡
《PixCell_Saturation#2》(部分)“L_B_S”メゾンエルメス8Fフォーラム(東京)展示風景, 2009, Work created with the support of the Fondation d'entreprise Hermès, 撮影:豊永政史
《PixCell_Saturation#2》(部分)“L_B_S”メゾンエルメス8Fフォーラム(東京)展示風景, 2009, Work created with the support of the Fondation d'entreprise Hermès, 撮影:豊永政史
《Dot Movie, 2009, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE and Gallery Nomart
《Dot Movie, 2009, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE and Gallery Nomart
《Catalyst#11》(部分), 2008, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE and Gallery Nomart, 撮影:豊永政史
《Catalyst#11》(部分), 2008, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE and Gallery Nomart, 撮影:豊永政史
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優