ニュース

ポスター史上に残る名作も展示、エスプリで心を癒す『レイモン・サヴィニャック展』

作家レイモン・サヴィニャックを紹介する展覧会『レイモン・サヴィニャック展』が、6月6日から東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で開催される。

レイモン・サヴィニャックは、1907年パリ生まれのポスター作家。1949年にベルナール・ヴィルモと開催した2人展で『牛乳石鹸モンサヴォン』のポスターを展示していたところ、同社の社長の目にとまって正式採用され、41歳にして本格的にポスター作家としてデビューした。以後は瞬く間にファンを増やし、地元フランスの企業をはじめ、日本やアメリカの企業からの依頼も数多く受けてきた。

同展では、全てを見透かしてしまいそうな目を持つ牝牛を中心に据えた代表作『牛乳石鹸モンサヴォン』をはじめ、嬉しそうな表情をした豚の胴体が輪切りにされ、その切り口がハムになっている『ランクハム』の原画など、サヴィニャックの初期から中期作品約50点を展示。

健康的かつエスプリの効いた作風で、大戦後の苦しい時代に生きる人々の心を癒したサヴィニャック作品。半世紀以上経った今でも、世界中の多くの人々に慕われているその作品群の魅力を味わうことが出来るまたとない機会となるだろう。


『レイモン・サヴィニャック展─41歳、「牛乳石鹸モンサヴォン」のポスターで生まれた巨匠』

2011年6月6日(月)~6月28日(火)
会場:東京都 銀座 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
時間:11:00~19:00(土曜日は18:00まで)
休館日:日曜、祝日
料金:無料

『ギャラリートーク』

2011年6月10日(金)18:30~20:00
出演:山下純弘(ギィ アンティックギャラリー)
会場:東京都 DNP銀座ビル3階ホール
定員:70名(先着順、ギャラリーオフィシャルサイトから要予約)
料金:無料

メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス講座
『サヴィニャック、その人物と作品の魅力』

2011年6月7日(火)18:00~19:30(開場17:30)
講師:ティエリ・ドゥヴァンク(パリ市立フォルネイ図書館学芸員)
会場:東京都 DNP銀座ビル3階ホール
定員:50名(先着順)
申し込み:電話(03-3574-2382)、もしくはMMFに来館して申し込み
料金:1,000円

(画像上から:牛乳石鹸モンサヴォン Monsavon au lait 1948/50 リトグラフポスター サントリーポスターコレクション ©Raymond Savignac、チンザノ Cinzano 1951 リトグラフポスター サントリーポスターコレクション ©Raymond Savignac、ランクハムための原画 Maquette pour Ranque 1951 原画 グアッシュ ギィ アンティックギャラリー ©Raymond Savignac、ダンロップ Dunlop 1953 リトグラフポスター 川崎市市民ミュージアム ©Raymond Savignac)

牛乳石鹸モンサヴォン Monsavon au lait 1948/50 リトグラフポスター サントリーポスターコレクション ©Raymond Savignac
牛乳石鹸モンサヴォン Monsavon au lait 1948/50 リトグラフポスター サントリーポスターコレクション ©Raymond Savignac
チンザノ Cinzano 1951 リトグラフポスター サントリーポスターコレクション ©Raymond Savignac
チンザノ Cinzano 1951 リトグラフポスター サントリーポスターコレクション ©Raymond Savignac
ランクハムための原画 Maquette pour Ranque 1951 原画 グアッシュ ギィ アンティックギャラリー ©Raymond Savignac
ランクハムための原画 Maquette pour Ranque 1951 原画 グアッシュ ギィ アンティックギャラリー ©Raymond Savignac
ダンロップ Dunlop 1953 リトグラフポスター 川崎市市民ミュージアム ©Raymond Savignac
ダンロップ Dunlop 1953 リトグラフポスター 川崎市市民ミュージアム ©Raymond Savignac
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで