ニュース

在日ファンクがニューアルバム『爆弾こわい』をリリース、初回限定の映像特典も

ディープファンクバンド「在日ファンク」の2ndアルバム『爆弾こわい』が、9月7日にリリースされる。

同バンドは、浜野謙太(Vo)をリーダーとする7人組。昨年1月に1stアルバム『在日ファンク』をリリースし、その後の3ヶ月連続コラボレーションシングルでは、サイトウ "JxJx"ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、サイプレス上野、ROY(THE BAWDIES)を招いたことでも話題を集めた。なお、今年1月には福島“ピート”幹夫(Sax)が脱退。新メンバーとしてDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENの元メンバーで、stimの後関好宏が加入している。

新体制での初音源となる同作は、12曲の新曲を収録。タイトル曲“爆弾こわい”をはじめとする独特のユーモアに満ちた歌詞と、圧倒的な演奏、そして強烈なキャラクターが融合を果たし、ファンクという枠にとどまらない充実の作品に仕上がっている。

なお、初回限定版盤は“爆弾こわい”のPVを収めたDVDが付属するほか、浜野自身の編集による映像を収録したDVD付きの特殊スリーブケース仕様となる。

在日ファンク
『爆弾こわい』初回限定盤(CD+DVD)

2011年9月7日発売
価格:3,150円(税込)
PCD-18657

1. イントロの才能
2. こまくやぶれる
3. 爆弾こわい
4. マルマルファンク
5. 城
6. 夜
7. よみがえり
8. はやりやまい
9. 毛モーショナル
10. むくみ
11. ピラミッド
12. 才能あるよ
[初回特典]
・スペシャル・スリーブケース仕様

在日ファンク
『爆弾こわい』通常盤

2011年9月7日発売
価格:2,625円(税込)
PCD-25133

1. イントロの才能
2. こまくやぶれる
3. 爆弾こわい
4. マルマルファンク
5. 城
6. 夜
7. よみがえり
8. はやりやまい
9. 毛モーショナル
10. むくみ
11. ピラミッド
12. 才能あるよ

在日ファンク
在日ファンク
在日ファンク『爆弾こわい』ジャケット
在日ファンク『爆弾こわい』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化