ニュース

ネット音楽家追悼イベント『6月のimoutoid』開催、東浩紀ら寄稿の小冊子も配布

2009年に急逝したミュージシャン「imoutoid」のイベント『6月のimoutoid』が、6月25日に東京・六本木のスーパーデラックスで開催される。

imoutoidは平成生まれのミュージシャンとして知られ、14歳で「ファミコン宇宙人」名義でネットDJとして活動を開始。2ちゃんねるやニコニコ動画、ネットレーベルなどに作品を発表し、雑誌『Quick Japan』『STUDIO VOICE』で取り上げられていた。さらに『loud』誌上ではDE DE MOUSEが次にブレイクするアーティストとしてimoutoidの名を挙げるなど活躍を期待されていたが、2009年4月に18歳という若さで逝去した。

同イベントは、imoutoidの作品を中心に改めて音楽を楽しむ目的で開催されるもの。生前親交のあった赤松武子(Craftwife)と、ネットレーベル「Maltine Records」を主宰するtomadによるトークをはじめ、ネットを中心に作品を発表しているimdkm/three meters right aboveによるライブパフォーマンス、ゲストのDE DE MOUSEとtofubeatsによるDJセットも披露される。

さらに、来場者にはばるぼらとTAXIMが編集した36ページの小冊子『6月のimoutoid』が配布。冊子へのコメント寄稿者には、東浩紀、佐々木敦、藤城嘘、梅ラボ、西島大介、戸塚泰雄、やけのはら、kz(livetune)など多彩な顔ぶれが名を連ねている。チケット予約方法や受付期間等はスーパーデラックスのウェブサイトで確認して欲しい。

『6月のimoutoid』

2011年6月25日(土)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 六本木 スーパーデラックス

トーク:
赤松武子(Craftwife)
tomad
ライブ:imdkm/three meters right above
DJ:
tofubeats
DE DE MOUSE
ビジュアル:OP-2(seiya nakano+hiroyoshi murata)

料金:予約2,500円 当日3,000円(共にドリンク付)

小冊子
『6月のimoutoid』

コメント寄稿者:
東浩紀(コンテクチュアズ)
アルマンド(若い芽っこの会)
ここぴ(cocop)
Crystal(TRAKS BOYS)
Da/Le(AVSS)
DE DE MOUSE(DJ、トラックメーカー)
藤城嘘(アーティスト)
Gonbuto(旧DJ少年院)
権田山一雄(CHERRYBOY FUNCTION)
HTC*(漫画家)
inumoto(つかさRecords、おかのうえ)
岩屋民穂(デザイナー、GraphersRock)
junkMA(DJ、トラックメーカー)
KUKNACKE(DJ、トラックメーカー)
栗原裕一郎(ライター)
九龍ジョー(ライター、編集者)
kz(livetune.、RE:NDZ)
ラスベガス(Harley&Quin)
メチクロ(MHz.inc)
mochilon、柿本論理(三毛猫ホームレス)
MTR(CARRE)
永田希(終わりの会)
natant(パジャマパーティズ、Maltine Records)
西島大介(漫画家、DJまほうつかい)
Nyolfen(Denryoku Label)
大森琢磨(NO We)
ぽえむ(2MUCH CREW)
左腕/迫田容満(ファッキン・デコレイター)
佐々木敦(HEADZ)
佐藤亮太(SWC、Slowhand Relation)
さやわか(ライター)
杉山峻輔(スケブリ、デザイナー)
tanigon(ハードコア&ジャズミュージシャン)
戸塚泰雄(nu)
umbrella_process(SuperCollider Japan代表)
梅ラボ(アーティスト)
やけのはら(DJ、トラックメーカー)
四日市(ライター)
YO!マイキー(2MUCH CREW)
芳川よしの(Maltine Records)
※来場者特典として当日配布

小冊子『6月のimoutoid』表紙
小冊子『6月のimoutoid』表紙
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開