ニュース

演出できない自然を見据えた晩年の記録、植田正治の写真展『雲のうつくしい日に。』

写真家・植田正治の作品展『雲のうつくしい日に。』が、7月1日から東京・京橋の72 Galleryで開催される。

植田は1913年に鳥取県で生まれた写真家。鳥取で活動を続けながら数々の作品を発表し、故郷である山陰の空や地平線、砂丘などを背景にしたそれらの作品は、被写体をまるでオブジェのように配置した独創的な作風で高い評価を得た。また、ミュージシャンで俳優の福山雅治のシングル『HELLO』のジャケット写真を手掛けたことでも知られている。70年にもおよぶ活動を経て、2000年7月に88歳で没した。

同展は、1999年から2000年にかけて撮影されたシリーズ作品『雲のうつくしい日に。』から約20点に加え、植田の代表作数点を展示するもの。植田が没する直前まで撮影していたという同作では、自ら演出することが不可能な「雲」をテーマに据えて撮影されている。

生涯を通して写真撮影を楽しみ、常に新鮮な気持ちで対象と向き合ってきたという植田。同展は、今もなお新鮮なその作品世界と向きあう絶好の機会になるだろう。

植田正治写真展
『雲のうつくしい日に。』

2011年7月1日(金)~7月31日(日)
会場:東京都 京橋 72 Gallery
時間:12:00~20:00(水曜~金曜)、12:00~19:00(土、日曜、祝日)
※最終日は 17:00 まで
休館日:月、火曜
料金:無料

『OPENING TALK SHOW』

2011年7月2日(土)18:00~19:30
会場:東京都 京橋 72 Gallery
出演:金子隆一(写真史研究家・東京都写真美術館学芸員)
料金:無料(要予約)

『「PHaT PHOTO」presents TALK SHOW』

2011年7月23日(土)17:00~18:30
会場:東京都 京橋 72 Gallery
出演:飯沢耕太郎(写真評論家)
料金:2,000円(要予約)
※来場者に雑誌『PHaT PHOTO』1冊をプレゼント(最新号を持っている場合はバックナンバー)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る