ニュース

チェルノブイリ訪問契機に制作、ヤノベケンジが感知・発信する『大地のアンテナ』展

空間の放射線を視覚化したインスタレーション作品を展示するヤノベケンジの個展『アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ』が、7月2日から東京・白金の山本現代で開催される。

デビュー当時、終末的世界をサバイバルするための作品群を制作していたヤノベは、1991年に発生した美浜原発事故の危機感から、鉛と鉄でできた放射能防護服型作品『イエロー・スーツ』をはじめ、放射線量計測器ガイガーカウンターを用いた作品の制作を開始。以後も放射能や自然現象など、人類の制御がおよばない領域にあるエネルギーなどを素材とし、新世紀の幕開けと共にテーマをリバイバル(再生)に転換させ制作活動を続けている。

同展では、2001年の作品『アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ』を中心に展示。同作は、特殊な全身スーツ『アトムスーツ』を着用した等身大のヤノベケンジ人形と、数百体の小型アトムスーツ人形を用いたインスタレーション作品で、サバイバルとリバイバルのちょうど中間期に生まれた重要な作品だ。なお、ヤノベ自身によって制作された『アトムスーツ』は、ヤノベが1997年にチェルノブイリを訪れた際にも使用されたものと同型。放射性物質から人体を防護するための最低限の機能を備えており、眼球、生殖器、臓器などの重要器官部分にガイガーカウンターが装着されているという。

また、等身大のヤノベケンジ人形のモデルとなっているのは、平安時代に仏事の慣習を破ってまで民衆の救済に務めた破天荒な僧・空也上人の像だ。ヤノベはアーティストとしての自分のあり方を空也上人に重ね合わせて考えるようになり、同作のモデルとして選んだという。10年前に制作された作品ながら、今改めて向きあいたい作品と言えるだろう。

ヤノベケンジ個展
『アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ』

2011年7月2日(土)~7月30日(土)
会場:東京都 白金 山本現代
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

『オープニングレセプション』

2011年7月2日(土)18:00~20:00
会場:東京都 白金 山本現代

(画像上:アトムスーツ・プロジェクト Photo by Seiji Toyonaga ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI、画像下:アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ 2001 installation size 180×420×148cm approx. 写真、プラスティック、ガイガー・ミュラー管、他 Photo by Greg Weit ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI)

アトムスーツ・プロジェクト Photo by Seiji Toyonaga ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
アトムスーツ・プロジェクト Photo by Seiji Toyonaga ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ 2001 installation size 180×420×148cm approx. 写真、プラスティック、ガイガー・ミュラー管、他 Photo by Greg Weit ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ 2001 installation size 180×420×148cm approx. 写真、プラスティック、ガイガー・ミュラー管、他 Photo by Greg Weit ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開