ニュース

チェルノブイリ訪問契機に制作、ヤノベケンジが感知・発信する『大地のアンテナ』展

空間の放射線を視覚化したインスタレーション作品を展示するヤノベケンジの個展『アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ』が、7月2日から東京・白金の山本現代で開催される。

デビュー当時、終末的世界をサバイバルするための作品群を制作していたヤノベは、1991年に発生した美浜原発事故の危機感から、鉛と鉄でできた放射能防護服型作品『イエロー・スーツ』をはじめ、放射線量計測器ガイガーカウンターを用いた作品の制作を開始。以後も放射能や自然現象など、人類の制御がおよばない領域にあるエネルギーなどを素材とし、新世紀の幕開けと共にテーマをリバイバル(再生)に転換させ制作活動を続けている。

同展では、2001年の作品『アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ』を中心に展示。同作は、特殊な全身スーツ『アトムスーツ』を着用した等身大のヤノベケンジ人形と、数百体の小型アトムスーツ人形を用いたインスタレーション作品で、サバイバルとリバイバルのちょうど中間期に生まれた重要な作品だ。なお、ヤノベ自身によって制作された『アトムスーツ』は、ヤノベが1997年にチェルノブイリを訪れた際にも使用されたものと同型。放射性物質から人体を防護するための最低限の機能を備えており、眼球、生殖器、臓器などの重要器官部分にガイガーカウンターが装着されているという。

また、等身大のヤノベケンジ人形のモデルとなっているのは、平安時代に仏事の慣習を破ってまで民衆の救済に務めた破天荒な僧・空也上人の像だ。ヤノベはアーティストとしての自分のあり方を空也上人に重ね合わせて考えるようになり、同作のモデルとして選んだという。10年前に制作された作品ながら、今改めて向きあいたい作品と言えるだろう。

ヤノベケンジ個展
『アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ』

2011年7月2日(土)~7月30日(土)
会場:東京都 白金 山本現代
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

『オープニングレセプション』

2011年7月2日(土)18:00~20:00
会場:東京都 白金 山本現代

(画像上:アトムスーツ・プロジェクト Photo by Seiji Toyonaga ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI、画像下:アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ 2001 installation size 180×420×148cm approx. 写真、プラスティック、ガイガー・ミュラー管、他 Photo by Greg Weit ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI)

アトムスーツ・プロジェクト Photo by Seiji Toyonaga ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
アトムスーツ・プロジェクト Photo by Seiji Toyonaga ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ 2001 installation size 180×420×148cm approx. 写真、プラスティック、ガイガー・ミュラー管、他 Photo by Greg Weit ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ 2001 installation size 180×420×148cm approx. 写真、プラスティック、ガイガー・ミュラー管、他 Photo by Greg Weit ©Kenji Yanobe Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開