ニュース

初期衝動鳴らす台湾のナンバガ「透明雑誌」、2.5DやWOMB含む6会場で来日ツアー

台湾のオルタナティブロックバンド「透明雑誌」の来日ツアーが、8月23日から東京、名古屋、大阪の3都市で行われる。

透明雑誌は「台湾のナンバーガール」とも称される4人組のギターロックバンド。ストレートでエッジの効いた演奏と、10代的な怒りや感傷で綴られる歌詞が渾然一体となったサウンドは、台湾の音楽シーンでも異色の存在感を放っている。なお、7月13日には日本限定仕様盤『僕たちのソウルミュージック』をリリース予定。

今回の来日ツアーは、大阪と名古屋で各1日、東京ではタワーレコード新宿店、渋谷・WOMBなどを舞台に4公演にわたり開催。現在明らかになっているのは日時と会場のみなので、共演者やチケット情報などの詳細は、続報を待とう。

透明雑誌 JAPAN TOUR – 2011 SUMMER –
『僕たちのソウルミュージック』

2011年8月23日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 松屋町 地下一階
出演:透明雑誌

2011年8月24日(水)OPEN / START 未定
会場:愛知県 名古屋 HUCK FINN
出演:透明雑誌

2011年8月25日(木)OPEN 21:00 / START 未定
会場:東京都 タワーレコード新宿店
出演:透明雑誌

2011年8月26日(金)OPEN / START 19:00
会場:東京都 池尻 2.5D
出演:透明雑誌

2011年8月27日(土)OPEN / START 15:00
会場:東京都 渋谷 WOMB
出演:透明雑誌

2011年8月28日(日)OPEN / START 未定
会場:東京都 早稲田 ZONE-B
出演:透明雑誌

透明雑誌
『僕たちのソウルミュージック』国内盤

2011年7月13日発売
価格:2,000円(税込)
ARTD-5571

1. DE FITTED BEAT
2. ANORAK
3. 時速160kmのギター、ベースとドラム
4. 性的地獄
5. SOUL BLAST
6. 九月教室
7. 夜明け晩餐
8. 師大公園裏司令
9. 時にお前の顔に一発殴りたい
10. ILLMAGA
11. 少女
12. 僕たちのソウルミュージック
13. YOUNG HEART GUITAR
14. 世界はやはり滅びたらいい
15. 夜明け晩餐(EP version)(ボーナストラック)
16. 君は僕が見た自殺回数最も多い女の子 (ボーナストラック)
17. DICTATOR GIRL(ボーナストラック)
18. YOUNG HEART GUITAR(EP version)(ボーナストラック)

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開