ニュース

DOMMUNE震災復興支援フリー野外フェス、追加出演者にFISHMANS+、灰野敬二ら

8月19日に神奈川・川崎の東扇島東公園で行われるDOMMUNE主催の入場無料クロスカルチャーフェス『FREEDOMMUNE 0<ZERO>2011』の追加出演者が発表された。

今回明らかになったのは、震災直後に行われたDOMMUNE緊急配信に登場し、述べ9万人が視聴したことでも話題になったFISHMANS+をはじめ、非常階段、灰野敬二、MERZBOW、大友良英の国内勢と、イギリスのWHITEHOUSEをあわせた計6組。なお、FISHMANS+のメンバーは3月の配信時と同じく、茂木欣一、柏原譲、HAKASE-SUN、木暮晋也、勝井祐二、原田郁子、七尾旅人、zAkの8人になる。

なお、DOMMUNE内で行われるチケット一般予約の受付は既に終了。8月3日に発売される『DOMMUNEオフィシャルガイドブック-1st<初回版>』の予約購入特典インビテーションカードでの予約は引き続き受付中だ。


東日本大震災復興支援イベント
『FREEDOMMUNE 0<ZERO>2011』

2011年8月19日(金)
会場:神奈川県 川崎市 東扇島東公園

出演:
冨田勲
JEFF MILLS
WHITEHOUSE / CUT HANDS
GABRIEL ANANDA
STEWART WALKER
DVS1
FISHMANS+
KEN ISHII
TOWA TEI
非常階段
MERZBOW
灰野敬二
大友良英
EYヨ
NOBU
高橋透
MOODMAN
DJ WADA
川辺ヒロシ
瀧見憲司
MAYURI
COS/MES
TOBY
Shhhh
ALTZ
やけのはら
A.Mochi
TRAKSBOYS

料金:無料(ガイドブック予約限定特典のみ受付)

『DOMMUNE オフィシャルガイドブック-1st<初回版>』

2011年8月3日発売
価格:1,575円(税込)
著者:DOMMUNE
発行:幻冬舎

amazonで購入する

(画像上から:『FREEDOMMUNE 0<ZERO>2011』イメージ画像、FISHMANS+、WHITEHOUSE、灰野敬二)

『FREEDOMMUNE 0<ZERO>2011』イメージ画像
『FREEDOMMUNE 0<ZERO>2011』イメージ画像
FISHMANS+
FISHMANS+
WHITEHOUSE
WHITEHOUSE
灰野敬二
灰野敬二
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像