ニュース

『アルバムエキスポ ニッポン』開催、写真家・浅田政志が被災地を巡った記録を展示

写真アルバムがテーマの企画展『アルバムエキスポ ニッポン』が、大阪・梅田のHEP HALLで7月30日から開催される。

デジタルカメラ全盛の現代において、写真をプリントすることや、アルバムを作り直すことの大切さを伝えるべく開催されている同展。これまでに梅佳代、平間至、川島小鳥などの写真家を始め、佐野史郎、Cocco、原田郁子といったアーティストの参加でも話題を集めてきた。なお3年目の開催となる今回は、東日本大震災後の状況を踏まえ、日本の明るい未来のために、改めてアルバムの力を伝えていく。

同展内で展開される『アルバムのチカラ』展は、写真家・浅田政志が「家族写真」「アルバム」をキーワードに被災地を巡った記録を展示するというもの。なお、同展によせて浅田は、「いつもはどこかにひっそりとしまってあるアルバム。そんなに頻繁に見る機会はないかもしれないけれど、人生にはいつの日にか必ず見たくなる、もしくは見るべき時があって、そういう時に見ると何かとてつもなく大切なことをアルバムが教えてくれる……。アルバムが持っている一番素晴らしいところは、見る人が生きる喜びに満ちていくその瞬間だと思う」とコメントしている。

そのほか、避難所に住む少女が被災地の人々の明るい姿を撮影したチェキ写真展『スチェキなミライ!』や、様々な分野の著名人が写真をアルバムで残すことについて新提案する『とっておきの一冊をつくる』などの展示が予定されている。また、展示プロデュースは川島小鳥『未来ちゃん展』の会場構成などを手掛けた藤本智士(Re:s)が担当する。

イベントなどの詳細は随時オフィシャルサイトで発表されるので、是非チェックして欲しい。

『アルバムエキスポ ニッポン 』

2011年7月30日(土)~8月21日(日)
会場:大阪府 梅田 HEP HALL
時間:11:00~20:00
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開