ニュース

没後100年、夭折した明治の洋画家・青木繁の全貌に迫る大回顧展が開催

画家・青木繁の没後100年を記念した大規模回顧展『没後100年 青木繁展―よみがえる神話と芸術』が、7月17日から東京・八重洲のブリヂストン美術館で開催される。

青木繁は、明治時代を代表する洋画家。東京美術学校在学中、日本神話をみずみずしい感覚で描いた作品によって頭角をあらわし、卒業後の1904年に代表作『海の幸』を発表。さらに『わだつみのいろこの宮』など古事記や聖書に題材をとった作品群を発表した。しかし、次々と直面する家族の深刻な問題から画壇への復帰も叶わなくなり、九州各地を巡る放浪生活で心身ともに衰弱。1911年に28歳の若さでこの世を去った。

同展では、前述した『海の幸』や『わだつみのいろこの宮』をはじめとする油彩作品約70点、水彩と素描約170点、手紙などの資料約60点を展示。画壇への登場から、没後に高まっていった作品評価などの展開など、その生涯の流れを俯瞰し作品と共に紹介する。夏目漱石に「天才」と称された青木の全貌に迫る、またとない機会となるだろう。


CINRA.NETでは、『没後100年 青木繁展―よみがえる神話と芸術』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名欄に「青木繁展招待券応募」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年7月31日)

特別展
『没後100年 青木繁展―よみがえる神話と芸術』

2011年7月17日(日)~9月4日(日)
会場:東京都 八重洲 ブリヂストン美術館
時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(8月15日、22日、29日は開館)
料金:
一般1,000円 シニア(65歳以上)800円 大学・高校生700円 中学生以下無料
団体(15名以上)一般800円 シニア(65歳以上)600円 大学・高校生500円 中学生以下無料
※障害者手帳を所持の人と同伴者2名まで半額

『真夏の青木繁講座』全4回

第1回
『青木繁の生涯と芸術』
2011年7月23日(土)14:00~16:00
会場:東京都 八重洲 ブリヂストン美術館
講師:植野健造(福岡大学教授、元石橋美術館学芸員)
料金:400円

第2回
『青木繁を通してみる文学と美術の交流』
2011年7月30日(土)14:00~16:00
講師:森山秀子(石橋美術館学芸課長)
料金:400円

第3回
『「画を仕上げる力」とは─青木繁の芸術』
2011年8月6日(土)14:00~16:00
講師:田中淳(東京文化財研究所企画情報部長)
料金:400円

第4回
『青木繁「海の幸」をうみだしたもの』
2011年8月13日(土)14:00~16:00
講師:貝塚健(ブリヂストン美術館学芸員)
料金:400円

(画像上から:《海の幸》1904年、石橋財団石橋美術館、《自画像》1903年、石橋財団石橋美術館、《秋》1908年、石橋財団石橋美術館、《幸彦像》1907年、栃木県立美術館、《朝日(絶筆)》1910年、小城高校同窓会黄城会(佐賀県立美術館寄託))

《海の幸》1904年、石橋財団石橋美術館
《海の幸》1904年、石橋財団石橋美術館
《自画像》1903年、石橋財団石橋美術館
《自画像》1903年、石橋財団石橋美術館
《秋》1908年、石橋財団石橋美術館
《秋》1908年、石橋財団石橋美術館
《幸彦像》1907年、栃木県立美術館
《幸彦像》1907年、栃木県立美術館
《朝日(絶筆)》1910年、小城高校同窓会黄城会(佐賀県立美術館寄託)
《朝日(絶筆)》1910年、小城高校同窓会黄城会(佐賀県立美術館寄託)
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー