ニュース

『ヒミズ』キャスト続報、吹越満、でんでんら園子温監督の過去作の面々が一挙に判明

古谷実の同名漫画を原作にした映画『ヒミズ』キャストの続報が届いた。

2001年から『週刊ヤングマガジン』で連載された『ヒミズ』は、人間の心の暗部を題材にした青春劇。これまでに主人公・住田役の染谷将太、複雑な心情を持った女子中学生・茶沢景子役の二階堂ふみというキャスティングが発表されていた。監督は『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』などで強烈な世界観を展開した園子温。

今回明らかになったキャストは、いずれも過去の園作品で強烈なインパクトを残してきた個性派俳優の面々。住田の父親役には『紀子の食卓』の光石研、母親役に『愛のむきだし』の渡辺真起子、ヤクザの金子役に『冷たい熱帯魚』のでんでんがキャスティングされている。

また、原作とは異なる映画版『ヒミズ』が垣間見えるキャスティングも明らかになった。住田の貸しボート屋に集まる中学校の同級生たちが、園版『ヒミズ』では家を持たない大人の「自由人」として描かれることが判明。前述の大人役は『冷たい熱帯魚』の渡辺哲と吹越満に加え、11月公開の園監督作『恋の罪』にも出演している神楽坂恵がそれぞれ演じるという。さらに、原作には登場しなかった茶沢の母親役には『冷たい熱帯魚』の黒沢あすかが起用された。

同作について吹越は「オリジナルではないかと思えるほどぴったりな世界観。園子温が園子温の映画を撮っていたとしか言い様がないのです」とコメント。原作とはまた一味違った作品が期待できそうだ。

『ヒミズ』

2012年春シネクイント他全国順次公開
監督・脚本:園子温
原作:古谷実『ヒミズ』(講談社)
出演:
染谷将太
二階堂ふみ
渡辺哲
吹越満
神楽坂恵
光石研
渡辺真起子
黒沢あすか
でんでん
配給:ギャガ

(画像:©「ヒミズ」フィルムパートナーズ)

©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
©「ヒミズ」フィルムパートナーズ
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年