ニュース

多種多様な「女性」というアイデンティティの表現、『Inner Voices -内なる声』展

1960年代以降に生まれた女性の現代美術作家たちにスポットを当てる企画展『Inner Voices -内なる声』が、石川・金沢21世紀美術館で11月6日まで開催されている。

同展では、日本をはじめ、韓国、インド、オーストラリアなどに在住するアーティストの作品を展示。既存の価値観や古い現実のパラダイムを脱し、芸術表現における自由を獲得しようとする女性作家たちに注目する。出展作家は、塩田千春、イー・イラン、ジェマイマ・ワイマン、メリッサ・ラモス、藤原由葵、呉夏枝、キム・ソラ、シルパ・グプタ、ワー・ヌの9人。展覧会のタイトルである『Inner Voices-内なる声』は、人間の生の困難さと可能性の両面を見る作家たちの内なる声に、耳を傾ける展覧会になっていることから名付けられたという。

なお、7人の作家による連続アーティストトーク『私を探す』が7月30日に行われるほか、「生と性」についての対談やワークショップなどの関連イベントが行われる予定だ。事前予約が必要なものもあるので、詳細はオフィシャルサイトで確認して欲しい。

CINRA.NETでは、『Inner Voices -内なる声』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名欄に「Inner Voices -内なる声招待券応募」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年8月29日)

『Inner Voices -内なる声』

2011年7月30日(土)~11月6日(日)
※展示室14のみ9月10日(土)~11月6日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで)
休館日:月曜日、9月20日、10月11日(8月15日、9月19日、10月10日は開場)

出展作家:
イー・イラン
塩田千春
ジェマイマ・ワイマン
呉夏枝
キム・ソラ
藤原由葵
シルパ・グプタ
ワー・ヌ
メリッサ・ラモス

料金:
当日 一般1,000円 大学生・65歳以上800円 小中高生400円
前売・団体 一般800円 大学生600円 小中高生300円

連続アーティストトーク
『私を探す』

2011年7月30日(土)
会場:石川県 金沢21世紀美術館 レクチャーホール
時間:11:00~19:00
出演:
塩田千春
ワー・ヌ
キム・ソラ
ジェマイマ・ワイマン
メリッサ・ラモス
イー・イラン
呉夏枝
特別試写:
メリッサ・ラモス『Haunt Me, Recite It Again』
料金:入場無料(ただし、当日の本展観覧券必須)
定員:先着80名

『対談:生と性』

2011年10月8日(土)14:00~16:00
会場:石川県 金沢21世紀美術館 レクチャーホール
出演:
藤原由葵
山下裕二(明治学院大学教授/美術評論家)
料金:入場無料(当日の本展観覧券必須)
定員:先着80名(整理券を当日10:00からレクチャーホール前で配布)

ワークショップ
『身体を使って織る』

2011年10月15日(土)13:00~17:00
会場:石川県 金沢21世紀美術館 キッズスタジオ
講師:呉夏枝
料金:700円
対象:中学生以上
定員:先着15名(定員に達し次第締め切り)
※要事前電話申込

『ギャラリーツアー with キュレーター』

2011年8月5日(金)19:00~19:40
2011年9月3日(土)14:00~14:40
2011年9月16日(金)19:00~19:40
2011年10月1日(土)14:00~14:40
2011年11月5日(土)14:00~14:40
料金:無料(同展観覧券必須)

(画像上:シルパ・グプタ《I Keep Falling At You》 2010 Tiroch DeLeon Collection photo: Didier Barroso ※本作品は9月10日から公開します、画像中:塩田千春《Wall》 2010 (video still) Courtesy of KENJI TAKI GALLERY、画像下:藤原由葵《TABLE COLOSSEUM》2003-04 杉山 照治蔵)

シルパ・グプタ《I Keep Falling At You》 2010 Tiroch DeLeon Collection photo: Didier Barroso ※本作品は9月10日から公開します
シルパ・グプタ《I Keep Falling At You》 2010 Tiroch DeLeon Collection photo: Didier Barroso ※本作品は9月10日から公開します
塩田千春《Wall》 2010 (video still) Courtesy of KENJI TAKI GALLERY
塩田千春《Wall》 2010 (video still) Courtesy of KENJI TAKI GALLERY
藤原由葵《TABLE COLOSSEUM》2003-04 杉山 照治蔵
藤原由葵《TABLE COLOSSEUM》2003-04 杉山 照治蔵
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」