ニュース

ザック・スナイダーとクリストファー・ノーランがタッグ、あのヒーローが新デザインに

2013年に公開予定のヒーローアクション映画『Man of Steel(原題)』に登場するスーパーマンの新コスチュームが明らかになった。

同作は、1938年にアメリカンコミックスのキャラクターとして初登場以来、70年以上にわたって親しまれてきたキャラクターであるスーパーマンの活躍を描いた作品。今回の映画化では、従来の全身青色タイツから、プロテクターのような立体的なものに一新。色は深みのあるダークブルーとなり、トレードマークの「S」の文字デザインも変更になっている。

同作の監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』や『エンジェル ウォーズ』で知られるザック・スナイダー。製作には『ダークナイト』『インセプション』などで監督を務めたクリストファー・ノーランが名を連ねている。

主演のスーパーマンことクラーク・ケントにはヘンリー・カヴィルが抜擢。また、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』や『魔法にかけられて』に出演したエイミー・アダムスが女性記者ロイス・レイン、『マトリックス』シリーズで知られるローレンス・フィッシュバーンが副編集長のペリー・ホワイトを演じる。また、ダイアン・レイン、ケビン・コスナー、ラッセル・クロウも登場する。なお、物語のあらすじは、クリプトン人の生き残りがスーパーマンに戦いを挑むものになるという。

『Man of Steel(原題)』

2013年日本公開予定
監督:ザック・スナイダー
脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー
製作:クリストファー・ノーラン、チャールズ・ローヴェン、エマ・トーマス、デボラ・スナイダー
出演:
ヘンリー・カヴィル
エイミー・アダムス
ローレンス・フィッシュバーン
ダイアン・レイン
ケビン・コスナー
マイケル・シャノン
アンチュ・トラウェ
ジュリア・オーモンド
ラッセル・クロウ
ハリー・J・レニックス
クリストファー・メローニー
ほか
配給:ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ

(画像:©Warner Bros. Ent. All Rights Reserved)

©Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
©Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで