ニュース

京都在住SSWゆーきゃんが久々のソロ作品発表、2年弱の東京時代と京都回帰の記録

京都在住のシンガーソングライター「ゆーきゃん」の新作ミニアルバム『ロータリー・ソングズ』が、10月12日にリリースされる。

ゆーきゃんは、USガレージフォークやサッドコアの影響を受けた音楽性と、日本語の響きを活かした歌詞世界で独特の空気感を作り出すアーティスト。ソロ名義の作品以外にも、くるり主宰のレーベル「NOISE McCARTNEY RECORD」からバンド「ゆーきゃん with his best friends」名義でアルバムをリリースしているほか、「あらかじめ決められた恋人たちへ」とタッグを組んだバンド、シグナレスとしても活動している。さらに、京都で行われる音楽フェスティバル『BOROFESTA』の主催の1人でもある。

今回リリースされる作品は、全6曲を収録。そのうち5曲はゆーきゃんが東京在住時に制作した音源となり、その録音は音楽評論家の高橋健太郎の旧宅で行われたとのこと。参加アーティストは、キーボードにエマーソン北村、ベースに田代貴之(ex.渚にて)、コーラスに見汐麻衣(埋火)、ギターには当時の家主である高橋も参加している。なお、6曲目は、京都に戻ってから行ったライブの音源となっている。

東京と京都という2つの場所をまたいで制作された同作は、2年弱にわたる東京時代のゆーきゃんの遺作でもあり、住み慣れた街・京都を再発見した記録と捉えることも可能だろう。

ゆーきゃん
『ロータリー・ソングズ』

2011年10月12日発売
価格:1,680円(税込)
sube-020

1. ファンファーレ ♯0
2. 空に沈む
3. 地図の上の春
4. サイダー
5. Y.S.S.O.
6. 天使のオード(Live at UrBANGUILD,Kyoto)

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表