ニュース

『早稲田文学 4号』は「東北・日本・世界」にスポット、2大特集は震災&大江健三郎

文芸誌『早稲田文学 4号』が、本日9月16日に刊行された。

同誌は、1891年に坪内逍遥によって創刊された、日本でもっとも歴史の長い文芸雑誌。昨年12月刊行の『早稲田文学増刊π(パイ)』以来となる今号では、「東北・日本・文学」のテーマを中心とした紙面を展開する。

特集「震災に。」では、福島県郡山市出身の作家・古川日出男が重松清と対談した『牛のように、馬のように』をはじめ、阿部和重、川上未映子、松田青子、牧田真有子による小説作品、阿部、川上のほか斎藤環らを交えた座談会を掲載。

また、今秋発売を予定している篠山紀信撮影の東北写真集『ATOKATA』の序章として、写真作品数点をカラー掲載。「世界の被災地から」では、チェルノブイリ、チリ、インドネシア・スマトラ沖、中国・四川省など過去に大災害に見舞われた国・地域にスポットをあてる。

さらに、日本文学の枠組みを捉え直す「シリーズ【日本“現代”文学の、標的=始まり】」では、大江健三郎を多角的な視点から読み解くほか、メディア論の先駆者として知られ、今年で生誕100周年を迎えるマーシャル・マクルーハンの小特集も組まれるなど、読み応えのある充実した内容となっている。

なお、早稲田文学のオフィシャルサイトでは、東日本大震災の義援金を募るため、賛同著者による書き下ろしのチャリティコンテンツを順次公開している。詳細は同サイトで確認して欲しい。

『早稲田文学 4号』

2011年9月16日発売
価格:2,300円(税込)
発行:早稲田文学会

amazonで購入する

『早稲田文学 4号』表紙
『早稲田文学 4号』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開