ニュース

『早稲田文学 4号』は「東北・日本・世界」にスポット、2大特集は震災&大江健三郎

文芸誌『早稲田文学 4号』が、本日9月16日に刊行された。

同誌は、1891年に坪内逍遥によって創刊された、日本でもっとも歴史の長い文芸雑誌。昨年12月刊行の『早稲田文学増刊π(パイ)』以来となる今号では、「東北・日本・文学」のテーマを中心とした紙面を展開する。

特集「震災に。」では、福島県郡山市出身の作家・古川日出男が重松清と対談した『牛のように、馬のように』をはじめ、阿部和重、川上未映子、松田青子、牧田真有子による小説作品、阿部、川上のほか斎藤環らを交えた座談会を掲載。

また、今秋発売を予定している篠山紀信撮影の東北写真集『ATOKATA』の序章として、写真作品数点をカラー掲載。「世界の被災地から」では、チェルノブイリ、チリ、インドネシア・スマトラ沖、中国・四川省など過去に大災害に見舞われた国・地域にスポットをあてる。

さらに、日本文学の枠組みを捉え直す「シリーズ【日本“現代”文学の、標的=始まり】」では、大江健三郎を多角的な視点から読み解くほか、メディア論の先駆者として知られ、今年で生誕100周年を迎えるマーシャル・マクルーハンの小特集も組まれるなど、読み応えのある充実した内容となっている。

なお、早稲田文学のオフィシャルサイトでは、東日本大震災の義援金を募るため、賛同著者による書き下ろしのチャリティコンテンツを順次公開している。詳細は同サイトで確認して欲しい。

『早稲田文学 4号』

2011年9月16日発売
価格:2,300円(税込)
発行:早稲田文学会

amazonで購入する

『早稲田文学 4号』表紙
『早稲田文学 4号』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年