ニュース

『早稲田文学 4号』は「東北・日本・世界」にスポット、2大特集は震災&大江健三郎

文芸誌『早稲田文学 4号』が、本日9月16日に刊行された。

同誌は、1891年に坪内逍遥によって創刊された、日本でもっとも歴史の長い文芸雑誌。昨年12月刊行の『早稲田文学増刊π(パイ)』以来となる今号では、「東北・日本・文学」のテーマを中心とした紙面を展開する。

特集「震災に。」では、福島県郡山市出身の作家・古川日出男が重松清と対談した『牛のように、馬のように』をはじめ、阿部和重、川上未映子、松田青子、牧田真有子による小説作品、阿部、川上のほか斎藤環らを交えた座談会を掲載。

また、今秋発売を予定している篠山紀信撮影の東北写真集『ATOKATA』の序章として、写真作品数点をカラー掲載。「世界の被災地から」では、チェルノブイリ、チリ、インドネシア・スマトラ沖、中国・四川省など過去に大災害に見舞われた国・地域にスポットをあてる。

さらに、日本文学の枠組みを捉え直す「シリーズ【日本“現代”文学の、標的=始まり】」では、大江健三郎を多角的な視点から読み解くほか、メディア論の先駆者として知られ、今年で生誕100周年を迎えるマーシャル・マクルーハンの小特集も組まれるなど、読み応えのある充実した内容となっている。

なお、早稲田文学のオフィシャルサイトでは、東日本大震災の義援金を募るため、賛同著者による書き下ろしのチャリティコンテンツを順次公開している。詳細は同サイトで確認して欲しい。

『早稲田文学 4号』

2011年9月16日発売
価格:2,300円(税込)
発行:早稲田文学会

amazonで購入する

『早稲田文学 4号』表紙
『早稲田文学 4号』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開