ニュース

クラムボンが新シングル『ある鼓動』リリース&ミトがGAINAXとデビロボのコラボに参戦

クラムボンのニューシングル『ある鼓動』が、11月2日にタワーレコード限定でリリースされる。

タイトル曲の“ある鼓動”は、今年5月から開催されていた全国ツアー公演『ドコガイイデスカツアー』でも披露された楽曲。カップリングには、今年インターネット上で公開された上野樹里主演のロードムービー『Hanako presents / supported by TOYOTA bB 「JURI CINEMA SPECIAL ナニカ」』へ書き下ろしたテーマ曲“ナニカ”が収録される。

なお、クラムボンのオフィシャルサイトでは、11月3日に東京の両国国技館で開催されるワンマン公演の来場者に向けて、「上半身白色」の服装で来場するよう呼びかけている。ドレスコードの詳細については、オフィシャルサイトで確認して欲しい。

また、メンバーのミトのソロユニット「dot i/o」が、GAINAXとDEVILROBOTSによるコラボレーション企画『MUSIC is SF』に参加。「海洋SF」をテーマに楽曲“Sea_Feels”を書き下ろしている。アートワークデザインは『マクロスF』などのアニメーションを手掛けたほか、クラムボン“KANADE Dance”のPVを制作したHIBIKIが担当する。

クラムボン
『ある鼓動』

2011年11月2日タワーレコード限定発売
価格:1,000円(税込)
TRP-10004

1. ある鼓動
2. ナニカ

クラムボン
『ワンマン公演』

2011年11月3日(木)OPEN 15:30 / START 16:30
会場:東京都 横綱 両国国技館
出演:クラムボン
料金:砂かぶり席8,400円 1F枡席6,300円 1F枡席セット券(3席セット)18,900円 2F指定席4,725円 2F指定席B3,675円
※砂かぶり席、1F枡席は特製座布団付き

(画像上:クラムボン、画像下:『Sea_Feels』ジャケット)

クラムボン
クラムボン
『Sea_Feels』ジャケット
『Sea_Feels』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路 1

    新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路

  2. ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って 2

    ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って

  3. 長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介 3

    長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介

  4. Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開 4

    Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開

  5. 西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM 5

    西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM

  6. カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売 6

    カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売

  7. 成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』 7

    成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』

  8. 『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加 8

    『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加

  9. 綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も 9

    綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も

  10. 川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」 10

    川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」