ニュース

クラムボンが新シングル『ある鼓動』リリース&ミトがGAINAXとデビロボのコラボに参戦

クラムボンのニューシングル『ある鼓動』が、11月2日にタワーレコード限定でリリースされる。

タイトル曲の“ある鼓動”は、今年5月から開催されていた全国ツアー公演『ドコガイイデスカツアー』でも披露された楽曲。カップリングには、今年インターネット上で公開された上野樹里主演のロードムービー『Hanako presents / supported by TOYOTA bB 「JURI CINEMA SPECIAL ナニカ」』へ書き下ろしたテーマ曲“ナニカ”が収録される。

なお、クラムボンのオフィシャルサイトでは、11月3日に東京の両国国技館で開催されるワンマン公演の来場者に向けて、「上半身白色」の服装で来場するよう呼びかけている。ドレスコードの詳細については、オフィシャルサイトで確認して欲しい。

また、メンバーのミトのソロユニット「dot i/o」が、GAINAXとDEVILROBOTSによるコラボレーション企画『MUSIC is SF』に参加。「海洋SF」をテーマに楽曲“Sea_Feels”を書き下ろしている。アートワークデザインは『マクロスF』などのアニメーションを手掛けたほか、クラムボン“KANADE Dance”のPVを制作したHIBIKIが担当する。

クラムボン
『ある鼓動』

2011年11月2日タワーレコード限定発売
価格:1,000円(税込)
TRP-10004

1. ある鼓動
2. ナニカ

クラムボン
『ワンマン公演』

2011年11月3日(木)OPEN 15:30 / START 16:30
会場:東京都 横綱 両国国技館
出演:クラムボン
料金:砂かぶり席8,400円 1F枡席6,300円 1F枡席セット券(3席セット)18,900円 2F指定席4,725円 2F指定席B3,675円
※砂かぶり席、1F枡席は特製座布団付き

(画像上:クラムボン、画像下:『Sea_Feels』ジャケット)

クラムボン
クラムボン
『Sea_Feels』ジャケット
『Sea_Feels』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く