ニュース

野田秀樹が暴力と憎悪の連鎖描いた舞台再演、世界ツアー敢行&日本語版に宮沢りえ

野田秀樹演出による演劇作品『THE BEE』の再演が、2012年1月から6月にかけて、英語バージョンと日本語バージョンで上演される。

『THE BEE』は、9.11事件に衝撃を受けた野田が、筒井康隆による小説『毟りあい』をもとに手掛けた作品。2006年にイギリス・ロンドンで初演され、翌年には東京で日本版も上演され、数々の演劇賞に輝いた話題作だ。

物語は、平凡なサラリーマンが妻子を人質にとられ、自らも犯人の妻と子を人質にとって応酬するというもの。スリリングな心理戦を通して、暴力と憎悪の連鎖や日常と非日常の危うい境界線、人間の強さと弱さなどを描く。

ワールドツアーは初演にも主演したキャサリン・ハンターらほか個性的な外国人キャストによる英語版(日本語字幕あり)となり、アメリカ・ニューヨークを皮切りにロンドン、香港、東京で上演。

対する日本ツアーは、日本人キャストによる日本語版を東京、大阪、福岡、長野、静岡で上演。出演者は、監禁される女の恐怖と奇妙な日常を演じる宮沢りえ、父と息子の2役を演じ分けるダンスカンパニー「コンドルズ」主宰・近藤良平、野田作品への出演は20年ぶりとなる池田成志らが名を連ねる。野田が役者として英語版と日本語版で異なった役柄を演じ分ける点も注目だ。

チケットについては、THE BEEオフィシャルサイトで確認して欲しい。

『THE BEE English Version ワールドツアー』

演出:野田秀樹
共同脚本:野田秀樹、Colin Teevan
原作:筒井康隆
出演:
キャサリン・ハンター
グリン・プリチャード
マルチェロ・マーニ
野田秀樹

2012年1月5日(木)~1月15日(日)
会場:アメリカ ニューヨーク(UndertheRadarFestivalオープニングプログラム上演)

2012年1月24日(火)~2月11日(土)
会場:イギリス ロンドン SohoTheatre

2012年2月17日(金)~2月19日(日)
会場:香港(HongKongArtsFestival正式招待)

2012年2月24日(金)~3月11日(日)※全20公演
会場:東京 水天宮前 水天宮ピット大スタジオ
※全公演ともに英語上演・日本語字幕あり

料金:一般5,000円 25歳以下割引2,000円 高校生割引1,000円(枚数限定、先行抽選) 障害者割引・車椅子席4,500円(一般チケットの1割引、同伴者は1名まで無料)

NODA・MAP番外公演
『THE BEE Japanese Version ジャパンツアー』

演出:野田秀樹
共同脚本:野田秀樹、Colin Teevan
原作:筒井康隆
出演:
宮沢りえ
池田成志
近藤良平
野田秀樹

2012年4月25日(水)~5月20日(日)※全30公演
会場:東京都 水天宮前 水天宮ピット大スタジオ
料金:一般7,500円 サイドシート4,000円 サイドシート(25歳以下割引)2,000円 高校生割引1,000円(事前予約制、要学生証)

2012年5月25日(金)~6月3日(日)※全12公演
会場:大阪府 京橋 大阪ビジネスパーク円形ホール
料金:一般7,500円 サイドシート4,000円 サイドシート(25歳以下割引)2,000円 高校生割引1,000円(事前予約制、要学生証)

2012年6月7日(木)~6月10日(日)※全5公演
会場:福岡県 北九州市 北九州芸術劇場 中劇場
料金:一般7,500円 サイドシート4,000円 サイドシート(25歳以下割引)2,000円 高校生割引1,000円(事前予約制、要学生証)

2012年6月15日(金)~6月17日(日)※全4公演
会場:長野県 松本 まつもと市民芸術館 実験劇場
料金:一般7,500円 サイドシート4,000円 サイドシート(25歳以下割引)2,000円 高校生割引1,000円(事前予約制、要学生証)

2012年6月22日(金)~6月24日(日)※全3公演
会場:静岡県 東静岡 静岡芸術劇場
料金:スペシャルシート7,500円(特典付・限定席) SPACシート4,000円
※ペアチケット、学生割引チケットなど詳細は劇場まで要問い合わせ

『THE BEE』メインイメージ
『THE BEE』メインイメージ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開