ニュース

美術作家やなぎみわが日本現代演劇の聖地、築地小劇場の誕生を描く 『1924海戦』

演劇や美術などジャンルを越えた活躍を展開する美術作家・やなぎみわによる演劇プロジェクト『1924海戦』が、11月3日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場で上演される。やなぎが劇場での演劇公演を手掛けるのは、同作が初となる。

『1924海戦』は「築地小劇場」と、そのこけら落とし公演『海戦』に関わった人々の物語を描いた作品。のちに「赤い伯爵」と呼ばれることになる華族出身の演出家・土方与志、若き前衛芸術家・村山知義ら、その後の日本芸術界をけん引する実在の人物たちが登場する。

そのほか、1994年のデビュー以来、日本近代の様々な約束事や制度を問い直す装置として度々やなぎみわの作品に現れてきたモチーフである「案内嬢」が、同作においても一風変わった狂言回しとして登場する点も注目だ。

また、ドイツの劇作家ラインハルト・ゲーリングによる実在の演劇作品『海戦』を劇中劇として再構成し、舞台美術を再現するなど、史実に新たな息吹を与える刺激的な視点と手法も堪能できるだろう。

『1924海戦』

2011年11月3日(木・祝)~11月6日(日)※全5公演
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場

原案・演出・美術:やなぎみわ
脚本:あごうさとし
出演:
金替康博(MONO)
富岡晃一郎
山本麻貴
大久保綾乃
植田真介(文学座)
川口 覚
山森大輔(文学座)
遠山悠介
下村マヒロ
南拓哉(文学座)
関 輝雄(文学座)

料金:一般3,500円 シルバー割引(枚数限定)3,000円 U24チケット(枚数限定)1,750円 高校生以下割引(枚数限定)1,000円

(画像上:『1924海戦』フライヤー、画像下:やなぎみわ演劇プロジェクトvol.1『1924 Tokyo-Berlin』より)

『1924海戦』フライヤー
『1924海戦』フライヤー
やなぎみわ演劇プロジェクトvol.1『1924 Tokyo-Berlin』より
やなぎみわ演劇プロジェクトvol.1『1924 Tokyo-Berlin』より
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材