ニュース

日用品と自然現象組みあわせる梅田哲也企画展、坂本渉太、Gonzoら共演イベントも

梅田哲也による展覧会『梅田哲也:大きなことを小さくみせる』が、11月12日から兵庫・神戸アートビレッジセンターで開催される。

大阪在住の梅田は、日用品や家電を改造した装置と自然現象を組み合わせ、光や音、動きを伴った空間を作り出す作品を制作するアーティスト。国内外の展覧会に精力的に参加するほか、その場の状況を生かした即興性の高いライブパフォーマンスなども行っており、アジア・ヨーロッパ各地の音楽フェスティバルにも参加している。

同展では、ギャラリー、シアター、スタジオといった会場内の各空間の特性を生かした新作のインスタレーション作品を展示。さらに、neco眠るなどのPVを手がけた事でも知られる映像クリエーター・坂本渉太をはじめ、半野田拓、contact GonzoとGulpepshによるユニット「Gonzopsh」らを迎えた1日限りのライブエキシビションや、クワクボリョウタを迎えて行われるトークセッションなどのイベントが開催される予定だ。

なお、同トークセッションは、大阪・西成で同時開催される『小さなものが大きくみえる』展の会場である「新・福寿荘」と、梅田が参加する企画展を主催する信州大学人文学部芸術コミュニケーション講座をウェブ中継して行われるとのこと。予約が必要になるため、気になる人は早めにチェックしておこう。

Exhibition as media 2011
『梅田哲也:大きなことを小さくみせる』

2011年11月12日(土)~12月4日(日)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター
時間:12:00~19:00(金、土曜、祝日は20:00まで、初日は17:00から、最終日は17:00まで)
休館日:火曜
料金:無料(KAVCシアターのみ500円)

オープニングトーク
『大きなことを小さくはなす』
2011年11月12日(土)18:00~20:00(30分前より受付)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター 1F 1room
出演:
梅田哲也
クワクボリョウタ
インターネット交換手:堀尾寛太
料金:無料
定員:40名 ※要予約

『ライヴエキシビション』
2011年11月23日(水・祝)12:00~20:00(30分前より受付)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター 2F KAVCホール
出演:
坂本渉太
千野秀一
永田塁
半野田拓
ブラジル
元山ツトム
和田晋侍
Gonzopsh(contact Gonzo×Gulpepsh)
ほか
エンジニア:
西川文章
溝口紘美(ナンシー)
料金:1,000円(チケット半券提示で出入り自由)
定員:100名(各時)※予約不要

『BREAKFAST FAST EXTRA』
2011年12月4日(日)10:30~12:30(30分前より受付)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター 1F KAVCギャラリー、1room ほか
出演:
梅田哲也
スペシャルゲスト(未定)
料理人:
山路製めん
出店:
出張tatjana+mayo
料金:一般2,000円 学生1,500円(朝食付)
定員:30名 ※要予約

同時開催
大阪市現代芸術創造事業 Breaker Project「ex・pots 2011」
梅田哲也 展覧会
『小さなものが大きくみえる』

2011年11月12日(土)~12月4日(日)
会場:大阪府 新・福寿荘
時間:平日15:00~19:00 土、日、祝日11:00~19:00
休館日:火曜
料金:300円

(画像上から:『はじめは動いていた』2011 撮影:松尾宇人、撮影:渡邉寿岳、『反イメージ進法』2010 撮影:松尾宇人、横浜国際映像祭2009 オープニングパフォーマンス『停電EXPO』風景 撮影:木奥恵三)

『はじめは動いていた』2011 撮影:松尾宇人
『はじめは動いていた』2011 撮影:松尾宇人
撮影:渡邉寿岳
撮影:渡邉寿岳
『反イメージ進法』2010 撮影:松尾宇人
『反イメージ進法』2010 撮影:松尾宇人
横浜国際映像祭2009 オープニングパフォーマンス『停電EXPO』風景 撮影:木奥恵三
横浜国際映像祭2009 オープニングパフォーマンス『停電EXPO』風景 撮影:木奥恵三
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開