ニュース

『暮しの手帖』人気エッセイが書籍化、日常の不可解を考察する佐藤雅彦『考えの整頓』

表現研究者・佐藤雅彦によるエッセイ集『考えの整頓』が、10月31日に刊行された。

『考えの整頓』は、『暮しの手帖』で連載中のエッセイを書籍化したもの。著者の佐藤雅彦は、NHK教育テレビの人気番組『ピタゴラスイッチ』の監修や、ゲームソフト『I.Q』シリーズの原案、東京・初台のICCで開催された展覧会『君の身体を変換してみよ展』の作品監修および、同展で発表したメディアアート作品『計算の庭』などでも知られるほか、東京藝術大学大学院映像研究科教授の肩書きももつ。

同書には、「板付きですか?」「一敗は三人になりました」「広辞苑第三版 2157頁」「想像料理法」「~と、オルゴールは思い込み」などのユニークなタイトルをもつ27篇のエッセイを収録。日常の不可解な事柄を意外性に満ちた視点から考察し、物事の本質にじっくりと迫る鋭く味わい深い文章が堪能できる。

なお、装丁は松田行正、挿画は佐藤自身と内野真澄が手掛けている。

『考えの整頓』

2011年10月31日刊行
著者:佐藤雅彦
価格:1,680円(税込)
発行:暮しの手帖社

amazonで購入する

佐藤雅彦『考えの整頓』表紙
佐藤雅彦『考えの整頓』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら