ニュース

幻想ギターバンド・ピロカルピンの新PVが公開、2012年にメジャー進出

先日リリースされたピロカルピンの新作EP『青い月』から、タイトル曲“青い月”のPVが公開されている。

ピロカルピンは、松木智恵子(Vo,Gt)の少年のようなイノセントな歌声を乗せたギターロックを奏でる4人組。日常と幻想の狭間を表現する独特の世界観で、ファンを急速に増やしている注目のバンドだ。

今回公開されたPVは、光のインスタレーション作品を制作するアーティスト・松尾高弘(monoscape)と、これまで同バンドのPVを数多く手掛けてきた映像作家・青木亮二(logfilm)の2人によって制作されたもの。なおYouTubeで公開されている楽曲はCDよりも音質を下げたモノラル版になっているとのこと。

なお、これまで7枚のシングルと3枚のアルバムをインディーズからリリースしてきた同バンドだが、来年からはUNIVERSAL Jから作品を発表していくという。

ピロカルピン
『青い月』

2011年11月23日発売
価格:1,000円(税込)
PRKL-1011

1. 青い月
2. オペラ座
3. 祈り

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)