安藤サクラとARATA改め井浦新が共演、監督の実体験を元にした『かぞくのくに』

『ディア・ピョンヤン』『愛しきソナ』で知られるヤン・ヨンヒ監督の実体験を元にした映画『かぞくのくに』が、8月から東京・テアトル新宿、大阪・テアトル梅田ほかで公開される。

『かぞくのくに』は北朝鮮から病気治療を受けるため、25年ぶりに日本に戻ってきたソンホと、彼を迎えるソンホの妹、リエら家族の姿を通じて、価値観の違いと変わらぬ家族の絆を綴った作品。主人公リエ役を安藤サクラ、リエの兄ソンホ役を今年から活動名をARATAから本名に変更した井浦新が演じるほか、共演に『息もできない』のヤン・イクチュン、京野ことみが名を連ねている。

なお、同作が『第62回ベルリン国際映画祭』のフォーラム部門に正式出品されることも決定。ヤン・ヨンヒ監督は出品へ向けて「吐き出したい話がある。国家の分断によって引き裂かれ傷つきながらも、逞しくしなやかに生きる家族の物語である。制作過程で悩み立ち止まった時、いつも私に勇気を与えてくれるのはベルリン映画祭で出会った観客の表情や言葉だった」と思いを語っている。

CINRA.NETでは、7月12日(木)19:30(開場19:00)から東京・SFスペース汐留ホール(東京都港区東新橋1-1-16 汐留FSビル3F)で行われる『かぞくのくに』ジャパンプレミア試写会に5組10名様をご招待いたします!

※上映後(21:10頃)にトークイベントあり

※ゲスト:ヤン・ヨンヒ監督、安藤サクラ、井浦新、ヤン・イクチュン(ゲストは変更になる場合があります)

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2012年7月4日)

『かぞくのくに』

2012年8月からテアトル新宿、テアトル梅田ほか全国ロードショー
監督・脚本:ヤン・ヨンヒ
音楽:岩代太郎
出演:
安藤サクラ
井浦新
ヤン・イクチュン
京野ことみ
諏訪太朗
宮崎美子
津嘉山正種
配給:スターサンズ

(画像:©2011 Star Sands, Inc.)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 安藤サクラとARATA改め井浦新が共演、監督の実体験を元にした『かぞくのくに』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて