人類最古の壁画を3Dで鮮烈再現、ドイツ名匠監督によるドキュメンタリー映画が公開

人類最古の壁画を3D撮影で記録した映画『世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶』が、3月3日から東京・日比谷のTOHOシネマズ日劇、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で公開される。

1994年にフランス南部のショーヴェ洞窟で発見された壁画を撮影した同作。およそ3万2千年前のものと推定される300以上の様々な壁画は、現存する人類最古の壁画とされており、フランス政府は貴重な遺跡を守るために研究者や学者のみに入場を許可してきた。

同作では、映画『生の証明』や『カスパー・ハウザーの謎』などで知られるドイツのヴェルナー・ヘルツォーク監督が、少人数のスタッフと共に撮影を敢行。3D映像で洞窟内の空間を表現し、太古の芸術を鮮烈に描き出している。なお、日本語版のナレーションはオダギリジョーが担当。

また、本日3月1日20:00から、世界の洞窟壁画を撮影している写真家の石川直樹、洞窟壁画研究でも知られる港千尋によるトークショーがUstreamで生中継される。


『世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶』

2012年3月3日(土)よりTOHOシネマズ日劇、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国でロードショー
監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
日本語ナレーション:オダギリジョー
配給:スターサンズ

(画像:『世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶』より)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 人類最古の壁画を3Dで鮮烈再現、ドイツ名匠監督によるドキュメンタリー映画が公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて