「商店街ポップ」掲げる来来来チーム、初ミニアルバム『天国』をリリース

ポップバンド「来来来チーム」の1stミニアルバム『天国』が、4月18日にリリースされる。

2007年に結成された同バンドは、シティポップになりきれない「商店街ポップ」を自ら掲げた活動を展開。独特のねじれたメロディとコーラスワーク、温かさを感じさせるソウルフルかつポップなサウンドで徐々に注目を集めつつある。

同バンドにとって初のCD作品となる同作には、全6曲を収録。代表曲のライブバージョンも収録されており、彼らの魅力が堪能できる作品に仕上がっている。マスタリングは元バンドメンバーの大竹康範(ex.マヒルノ、LAGITAGIDA、sajjanu)が担当。なお、同作はタワーレコード渋谷店と新宿店、ディスクユニオン全店、ライブ会場、オンライン通販で販売される。

来来来チーム
『天国』

2012年4月18日発売
価格:1,575円(税込)
TASR-4

1. ミラクル
2. 天国
3. ゴールデンタイム
4. シャボンボール
5. 来来来世紀(2012年1月9日ライブテイク)
6. シャボンボール(2012年1月9日ライブテイク)

(画像上:来来来チーム、画像下:来来来チーム『天国』ジャケット)

  • HOME
  • Music
  • 「商店街ポップ」掲げる来来来チーム、初ミニアルバム『天国』をリリース

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて