ハイパーメディアフリーター黒田勇樹による著書『非俳優生活』、発売記念ニコ生も

元俳優・黒田勇樹の著書『非俳優生活』が、3月17日に刊行された。

1982年に東京で生まれた黒田は、幼少から俳優として活躍。テレビドラマ『人間・失格 たとえばぼくが死んだら』『セカンド・チャンス』『ひとつ屋根の下 2』などに出演したほか、山田洋次監督の映画『学校III』で『キネマ旬報賞 新人男優賞』『日本アカデミー賞 新人俳優賞』といった数々の賞を受賞し、将来を嘱望されていた。2010年に所属事務所から事実上の解雇を通告され、俳優業を引退。現在はポップコーン販売アルバイトの傍ら、ハイパーメディアフリーターを名乗ってインターネットを駆使した様々な活動を行なっている。

同書は、俳優業引退直後から100日間に書かれた文章をまとめたもの。赤裸々かつ軽快に綴られた日記をベースに、イラストや4コマ漫画、詩などが混在した内容になっている。また、ネットで話題になった自作アニメ『ウルフくんとうさぎさん』の漫画版も収録されている。

なお、同書について黒田と吉田豪がニコニコ生放送で語り合う『ニコ生×青土社 「非俳優生活」って、なに?』が4月4日22:00から生中継される。ゲストの出演も予定しているとのこと。

『非俳優生活 100days』

2012年3月17日刊行
著者:黒田勇樹
価格:1,470円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • ハイパーメディアフリーター黒田勇樹による著書『非俳優生活』、発売記念ニコ生も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて