チームラボ、磯崎新らが「ポスト3.11」の世界像を浮き彫りにする『超群島』展

「ポスト3.11」の世界像を問いかける企画展『超群島/HYPER ARCHIPELAGO』展が、東京・神宮前のGYRE内のEYE OF GYREで4月16日まで開催されている。

政治や経済、エネルギー問題、都市と地方の格差など様々な課題を日本に突きつけた東日本大震災。同展では、建築家やアーティストたちへ今後のグランドデザイン、意思決定のイメージを問いかけた作品を展示し、新たな世界の構造を浮き彫りにすることを目指す。

参加作家は、Googleの検索アルゴリズムを利用し、画像検索の結果画面をキャンバスとして1枚の絵を描いた作品『Graffiti@Google/グラフィティ@グーグル』を出展するチームラボをはじめ、磯崎新、スプツ二子!、大庭大介、石井七歩、SAM(田尾松太+井口美香)、キュルル feat. チハルチロル、dot architects+水野大二郎、403 architecture[dajiba]、mashcomix+TEAM ROUNDABOUT、藤村龍至となる。

『超群島/HYPER ARCHIPELAGO』

2012年3月11日(日)~4月16日(月)
会場:東京都 神宮前 EYE OF GYRE/GYRE 3F
時間:11:00~20:00
出展作家:
磯崎新
スプツ二子!
チームラボ
大庭大介
石井七歩
SAM(田尾松太+井口美香)
キュルル feat. チハルチロル
dot architects+水野大二郎
403 architecture[dajiba]
mashcomix+TEAM ROUNDABOUT
藤村龍至
料金:無料

(画像上:Graffiti@Google TOKYO RAVENS BOMB 、画像下:Graffiti@Google TOKYO SPAM)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • チームラボ、磯崎新らが「ポスト3.11」の世界像を浮き彫りにする『超群島』展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて