堺雅人、香川照之、広末涼子出演の映画『鍵泥棒のメソッド』から場面写真公開

9月15日から全国公開される映画『鍵泥棒のメソッド』の場面写真が公開されている。

同作は、映画『運命じゃない人』『アフタースクール』で知られる内田けんじ監督の最新作。俳優を目指すも挫折し自殺を考えている35歳無職男・桜井と、桜井の目の前で転倒し記憶喪失になってしまう伝説の殺し屋・コンドウ、コンドウが病院で出会う婚活中の雑誌編集長・香苗の3人が織りなすサスペンス喜劇作品となっており、桜井役を堺雅人、コンドウ役を香川照之、香苗役を広末涼子が演じる。また、音楽を田中ユウスケ(Q;indivi)が担当し、主題歌は吉井和哉が新曲“点描のしくみ”を同作のために書き下ろしている。

今回公開された場面写真では、出来心からコンドウになりすました桜井が危険なトラブルに巻き込まれていく様子や首吊り自殺に失敗する場面、桜井に代わって売れない役者として生活するコンドウの姿、コンドウに料理をふるまう香苗などが確認できる。

オフィシャルサイトでは内田監督や出演者へのインタビューなども掲載されているので、こちらもあわせてチェックしてみよう。

『鍵泥棒のメソッド』

2012年9月15日(土)よりシネクイントほか全国で公開
監督・脚本:内田けんじ
主題歌:吉井和哉“点描のしくみ”
音楽:田中ユウスケ(Q;indivi)
出演:
堺雅人
香川照之
広末涼子
荒川良々
森口瑤子
配給:クロックワークス

(画像:©2012『鍵泥棒のメソッド』製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 堺雅人、香川照之、広末涼子出演の映画『鍵泥棒のメソッド』から場面写真公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて