Yellow Magic Orchestraの4年ぶり新曲は復興への願い込めた“Fire Bird”

Yellow Magic Orchestraの新曲“Fire Bird”が、本日8月1日からiTunes Storeで配信リリースされている。

8月12日に開催される野外音楽イベント『WORLD HAPPINESS 2012』への出演も控えているYellow Magic Orchestra。今回リリースされた“Fire Bird”は、2007年2月に発表された“RYDEEN 79/07”以来の新曲となり、昨年8月に開催された『WORLD HAPPINESS 2011』のライブで初披露されていた。

同楽曲は『WORLD HAPPINESS 2011』のシンボルマークだった手塚治虫の『火の鳥』をモチーフに制作され、東日本大震災からの復興への願いが込められている。

Yellow Magic Orchestra
『Fire Bird』(MP3)

2012年8月1日からiTunes Storeで発売中
価格:250円(税込)

1. Fire Bird

itunesで購入する

  • HOME
  • Music
  • Yellow Magic Orchestraの4年ぶり新曲は復興への願い込めた“Fire Bird”

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて