若手映画監督の登竜門『PFF』が今年も開催、「ヒント」与える招待作品も充実

映画祭『第34回ぴあフィルムフェスティバル』が、9月18日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

1977年の第1回から続くメインプログラム『PFFアワード』は、若手映画監督の登竜門として知られる世界最大級の自主制作映画のコンペティション。今回は522作品の応募の中から選ばれた16作品を上映する。最終日の9月28日にはグランプリおよび各賞の発表と表彰式を開催。なお、グランプリ作品は『第25回東京国際映画祭』の「日本映画・ある視点」部門で招待上映される。

招待作品部門では、映画を志す人たちにヒントやエールとなる国内外の映画を紹介。昨年死去した森田芳光監督が20代に撮影した8mm作品の特集上映をはじめ、黒沢清監督と石井裕也監督がメガホンをとったWOWOW製作のドラマ作品、注目の日本映画最新作などが上映される。上映スケジュールやゲストの来場情報などはPFFのオフィシャルサイトで確認しよう。

また、9月27日には廣原暁監督の新作『HOMESICK』が公開されるほか、同作の完成を記念して2010年の『PFFアワード』審査員特別賞受賞作品で、『バンクーバー国際映画祭2010』の新人賞グランプリを獲得した『世界グッドモーニング!!』も特別上映される。さらに、『世界グッドモーニング!!』で音楽を担当したロックバンド「ARTLESS NOTE」のミニライブも行われる。なお、同会場でライブが行われるのは今回が初めてとのこと。

CINRA.NETでは、9月27日(木)15:30から東京・東京国立近代美術館フィルムセンターで行われる『HOMESICK』完成記念、『世界グッドモーニング!!』ライブ付き特別上映に5組10名様をご招待いたします!

※上映後にARTLESS NOTEのミニライブあり

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2012年9月16日)

『第34回ぴあフィルムフェスティバル』

2012年9月18日(火)~9月28日(金)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター
休館日:月曜
※上映スケジュールはオフィシャルサイト参照

(画像上から:『第34回ぴあフィルムフェスティバル』メインビジュアル、『天国への階段』(監督:マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー)、『エンドロール~伝説の父~』(監督:石井裕也)、『世界グッドモーニング!!』(監督:廣原暁))

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 若手映画監督の登竜門『PFF』が今年も開催、「ヒント」与える招待作品も充実

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて