劇団鹿殺しの新作公演『田舎の侍』は歌って踊るロックな時代劇

劇団鹿殺しの新作公演『田舎の侍』が、9月27日から大阪・HEP HALL、10月4日から東京・下北沢駅前劇場で上演される。

『田舎の侍』は、劇団鹿殺しにとって初の時代劇。歌や踊りなどを盛り込んだロックオペラを用いて、鹿殺し流の時代劇を表現するという。出演者には、同作で初の主演を務めるオレノグラフィティをはじめ、映画『モテキ』でフェス来場中のカップルを演じた丸尾丸一郎、ウォーターサーバーの整備員を演じた傳田うに、『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』でラップグループ「極悪鳥」のリーダーを演じた橘輝などの鹿殺し劇団員が総出演するほか、客演に元唐組の丸山厚人、コンドルズの山本光二郎、元ファントマの美津乃あわを迎える。

劇団鹿殺しは、菜月チョビと丸尾丸一郎を中心に、2000年に兵庫県西宮市で旗揚げ。2005年に活動拠点を東京に移し、劇団の旗揚げ10周年記念作品『スーパースター』では『第55回岸田國士戯曲賞』の最終候補作品にノミネートされた。前作では5,000人の動員を記録した同劇団の新作を、1ステージ約200席規模の会場で見ることができるまたとない機会になりそうだ。

なお、劇団鹿殺しでは2013年2月上旬から上演を予定している3都市ツアー『BONE SONGS』の出演者オーディションを実施中。応募は郵送で受付けており、10月28日締切となる。

劇団鹿殺し
ロックオペラ『田舎の侍』

大阪公演
2012年9月27日(木)~9月30日(日)全6公演
会場:大阪府 梅田 HEP HALL

東京公演
2012年10月4日(木)~10月21日(日)全21公演
※10月9日、10月15日は休演日
会場:東京都 下北沢駅前劇場

作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:入交星士、オレノグラフィティ
出演:
オレノグラフィティ
丸尾丸一郎
菜月チョビ
山岸門人
橘輝
傳田うに
円山チカ
坂本けこ美
山口加菜
水野伽奈子
鷺沼恵美子
浅野康之
峰ゆとり
近藤茶
丸山厚人
山本光二郎(コンドルズ)
美津乃あわ

料金:前売4,200円(全席指定) 学生3,500円(劇団鹿殺しウェブサイトのみ取り扱い)

(画像:『田舎の侍』イメージビジュアル 写真:江森康之)

  • HOME
  • Stage
  • 劇団鹿殺しの新作公演『田舎の侍』は歌って踊るロックな時代劇

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて