女装に目覚めて社会復帰、不器用な青年の成長物語『僕の中のオトコの娘』

女装がテーマの青春映画『僕の中のオトコの娘』が、12月1日から東京・銀座シネパトスほか全国で順次公開される。

同作のあらすじは、大学卒業後に就職するが仕事が上手く行かず、衝動的に自殺を図ったことをきっかけに自室に引き篭った青年・謙介が、女装の世界に興味を抱いたことをきっかけに社会復帰を果たすというもの。不器用な青年が女装することで自分に正直に強く生きることを学び、家族の愛や友情に支えられ成長していく姿を、コミカルかつ爽やかに描いた作品だ。

女装に目覚める青年・謙介役に挑戦したのは『踊る大捜査線』シリーズにも出演している川野直輝。また、謙介の姉役を中村ゆりが演じるほか、ベンガル、草野康太、木下ほうか、河合龍之介、柳憂怜、内田朝陽、馬場良馬らが出演者に名を連ねている。監督は、女子プロレスをテーマにした2009年公開の『スリーカウント』や江戸川乱歩原作の『失恋殺人』などで注目される窪田将治。


『僕の中のオトコの娘 -THE LITTLE GIRL IN ME-』

2012年12月1日(土)から銀座シネパトスほか全国順次公開
監督・脚本:窪田将治
音楽:與語一平
エンディング主題歌:LYMRAM-リムラム-“My Color”
出演:
川野直輝
中村ゆり
草野康太
河合龍之介
内田朝陽
山田キヌヲ
馬場良馬
柳憂怜
木下ほうか
ベンガル
配給:太秦

(画像:©2012『僕の中のオトコの娘』製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 女装に目覚めて社会復帰、不器用な青年の成長物語『僕の中のオトコの娘』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて