12人の作家が組み立て式カメラを自由にデザインした『最後のカメラ』展

12人の作家による「作品としてのカメラ」を展示する『FIRST HEROES OF LAST CAMERA~最後のカメラ展~』が、2012年11月23日から東京・代官山のShowerRoomFactoryで開催される。

同展では、PowerShovelおよびSUPERHEADZ.TOKYOが開発・販売する組み立て式カメラ「LAST CAMERA」を、様々な分野で活動するクリエイターが自由な発想で組み立てた作品を展示。参加作家は、会場構成も担当したクリエイティブユニットmagmaをはじめ、3│Three、小畑多丘、オオゴシ*トモエ、田中偉一郎、rabbit hole、金氏徹平、MIROCKTOY、横山宏、秋葉舞子、T9G、Hi-dutchの12組。会期中には関連イベントも開催される予定だ。

なお、LAST CAMERAは自分好みにカラーリングできる外観に加え、22mmレンズと45mmレンズの交換や、2種付属するバックドアを駆使した光漏れ効果なども楽しめる製品。さらに拡張部品や修理部品などを追加購入することもできる。なお、カメラの組立は慎重に行なっても3、4時間程度で完了するとのこと。詳細な仕様はLAST CAMERAのオフィシャルサイトで確認しよう。


『FIRST HEROES OF LAST CAMERA ~最後のカメラ展~』

2012年11月23日(金)~12月28日(金)
会場:東京都 代官山 ShowerRoomFactory
時間:12:00~20:00
出品作家:
3│Three
小畑多丘
オオゴシ*トモエ
田中偉一郎
rabbit hole
金氏徹平
MIROCKTOY
横山宏
秋葉舞子
T9G
Hi-dutch
magma
休廊日:月曜
料金:無料

(画像上から:『FIRST HEROES OF LAST CAMERA ~最後のカメラ展~』メインビジュアル、金氏徹平による作品、magmaによる作品、田中偉一郎による作品、 LAST CAMERA)

  • HOME
  • Art,Design
  • 12人の作家が組み立て式カメラを自由にデザインした『最後のカメラ』展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて