特集 PR

金氏徹平インタビュー

金氏徹平インタビュー

インタビュー・テキスト
小林宏彰
撮影:柏井万作
2009/01/27

その過剰なエネルギーにあふれた表現力と、「流動性」を意識した独特の作風により、次世代を担うアーティストとして注目を集めている、金氏徹平。2009年3月20日より2ヶ月にわたって、自身初となる大規模な個展『金氏徹平:溶け出す都市、空白の森』を開催する。このたび、横浜美術館に滞在しながら出品予定の作品制作を行う金氏にインタビューを行った。日々の生活感に根ざしつつ、なにか大きな物につながろうとすること、そこから得られる「開放感」。彼の語る言葉には、ともすると見逃しがちな些細な出来事に目を向ける、ユーモアに満ちた鋭い観察眼が感じられた。

たまたま選んだ物を組み合わせたら、なにか壮大なものになっていく感じが好きなんです

―例えば、コーヒーを紙に染みこませた作品がありますね。液体という、いずれ消えてしまうものを定着させることで、可視化しようとする意思を感じましたが。

金氏:とどまっているものってないんじゃないかな、と思うんです。物事は絶えず移り変わっている。自分の身体も、街もそうだし、動き続けているけれども、たまたま今この状態にあるだけなんだと思うんです。そういうものを彫刻にすることに関心があります。

金氏徹平インタビュー

―大学では彫刻の勉強をされていたそうですが、移り変わるものへの関心と、彫刻という技法を選んだことのつながりとは何だったのでしょうか?

金氏徹平インタビュー

金氏:もともと立体でなにかを考えていくほうが好きだったんです。ただ、大きいものをしっかり創ることに違和感があって、流動的な要素であるとか、崩れてしまいそうな感じを大事にして彫刻を創りたいと思っています。平面作品を並行して創ることが多いんですけど、それもやはり2次元と3次元の間で動き続けるものを作ろうと心がけています。

―シールやフィギュア、ビニール人形といった、子どもが好むようなものをしばしばモチーフに使われていますが、どういった意図があるのでしょうか?

金氏:特別な意図があるわけでなく、自分の身の周りにあるものを、たまたま選んだという感じなんですけれども。ただ、積み木のように積み上げることで、なにか壮大な物になっていくという意味では、子どもの遊びの延長ということはあるかもしれないですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『金氏徹平:溶け出す都市、空白の森』展

2009年3月20日(金・祝)~5月27日(水)
会場:横浜美術館

プロフィール

金氏徹平(かねうじ てっぺい)

1978年大阪出身。京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了。2005年に横浜トリエンナーレでCOUMAとして参加。最近では、広島市現代美術館にて『金氏徹平展 splash & flake』(07年)、森美術館にてグループ展『笑い展:現代アートにみる「おかしみ」の事情』(07年)、東京都現代美術館で『MOTアニュアル2008』(08年)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』