美術家・川俣正が住宅解体作業の廃材で会場を拡張、個展『Expand BankART』

美術家の川俣正による個展『Expand BankART』が、2013年1月13日まで神奈川・横浜のBankART Studio NYKで開催されている。

1953年生まれの川俣は、 28歳の若さで『ヴェネツィア・ビエンナーレ』の参加アーティストに選出され、その後も『ドクメンタ』など欧米を中心に高い評価を獲得。2005年には『第2回横浜トリエンナーレ』の総合ディレクターを務め、現在はパリを拠点に活動を展開している。

個展『Expand BankART』では、川俣が活動初期から行っている建物内外と関わるプロジェクトを久々に展開。プロジェクトには、BankART Studio NYKの近くにある海岸通団地の住宅解体作業で発生した大量の木製建具などを資材として活用するという。これまでに建物の内外を木材が縦横無尽に貫入する建築的プロジェクトを手掛けている川俣が、1929年に建てられた歴史的建造物を活用した会場をどのように変容させるのかが見どころだ。

川俣正
『Expand BankART』

2012年11月9日(金)~2013年1月13日(日)
会場:神奈川県 横浜 BankART Studio NYK
時間:11:30~19:00
休館日:1月1日
料金:
一般1,200円 学生600円 高校生以下 60歳以上無料
カタログ付料金 一般2,500円 学生2,200円

(画像:個展『Expand BankART』より)

  • HOME
  • Art,Design
  • 美術家・川俣正が住宅解体作業の廃材で会場を拡張、個展『Expand BankART』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて