女性の心と身体を繊細に描く『自縄自縛の私』から、縄や手錠を用いた自縛場面公開

2月2日から東京・新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される竹中直人監督作品『R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私』から場面写真が公開された。

同作は、『第7回 女による女のためのR-18文学賞』大賞を受賞した蛭田亜紗子の同名小説をもとに、ストレスから解放されるために自らの身体を縄で縛る趣味をもつ女性を繊細に描き出した作品。今回公開された場面写真では、主人公のOL・百合亜役を演じる平田薫が、縄や手錠、アイマスクを用いて自縛に及んでいる姿が確認できる。また、劇中での山内圭哉、馬渕英俚可、松尾諭、杉本彩らの画像も公開されている。

脚本は『ダンボールハウスガール』を手掛けた高橋美幸。主題歌はLOVE PSYCHEDELICOの新曲“No Reason”、音楽は栗コーダーカルテットなどで活動する関島岳郎が担当している。出演者には、主人公・百合亜の上司役を演じる安藤政信、主人公の恋人役を演じる綾部祐二、秘密の顔を持つ上司役を演じる津田寛治のほか、蛭子能収、吉田照美、つみきみほらが名を連ねている。

『R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私』

2013年2月2日(土)から新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開
監督:竹中直人
原作:蛭田亜紗子『自縄自縛の私』(新潮社)
脚本:高橋美幸
音楽:関島岳郎
主題歌:LOVE PSYCHEDELICO“No Reason”
出演:
平田薫
安藤政信
綾部祐二(ピース)
津田寛治
山内圭哉
馬渕英俚可
米原幸佑(RUN&GUN)
銀粉蝶
松尾諭
平田敦子
児玉絹世
鈴木奈々
福士誠治
蛭子能収
吉田照美
つみきみほ
杉本彩
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

(画像:©吉本興業)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 女性の心と身体を繊細に描く『自縄自縛の私』から、縄や手錠を用いた自縛場面公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて