ニュース

村上春樹『海辺のカフカ』が蜷川幸雄演出で舞台化、カフカ役は柳楽優弥

蜷川幸雄演出による舞台『海辺のカフカ』が、5月3日から埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホールで上演される。

原作は、2002年に刊行された村上春樹による同名の長編小説。日本国内でベストセラーを記録したほか、英米で刊行された2005年にはニューヨークタイムズの『年間ベストブック10冊』に、翌2006年には『世界幻想文学大賞』に選出されるなど海外でも高い評価を得ている同作の舞台化を、1970年代から日本の演劇界を牽引し続ける蜷川の演出で実現する。なお、日本人演出家による村上春樹作品の舞台化は同作が初となる。

「世界で最もタフな15歳になる」ことを決意して父と過ごした家を出る15歳の少年・カフカ役を柳楽優弥、過去にカフカを残して家を出た母と思われる女性・佐伯役を田中裕子、四国でカフカが身を寄せる甲村図書館の司書役を長谷川博己、謎の人物・カラス役を柿澤勇人、夜行バスで出会う女性・さくら役を佐藤江梨子、猫と会話できる不思議な老人・ナカタ役を木場勝己、ナカタと道中を共にする青年・星野役を高橋努が演じる。

さいたま公演の前売チケットは、2月18日10:00から発売スタート。また、6月には大阪・シアターBRAVA!でも上演予定だ。

『海辺のカフカ』

演出:蜷川幸雄
脚本:フランク・ギャラティ
原作:村上春樹
出演:
柳楽優弥
田中裕子
長谷川博己
柿澤勇人
佐藤江梨子
高橋努
木場勝己
ほか

さいたま公演
2012年5月3日~20日 ※全21回
会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
料金:S席9,800円 A席7,000円

(画像上:左から柳楽優弥、田中裕子、画像下:『海辺のカフカ』チラシ)

左から柳楽優弥、田中裕子
左から柳楽優弥、田中裕子
『海辺のカフカ』チラシ
『海辺のカフカ』チラシ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける