ニュース

天才医師が監禁&皮膚移植で亡き妻を再生、アルモドバル監督の最新作『私が、生きる肌』

禁断の実験に没頭する形成外科医を描いた映画『私が、生きる肌』が、5月26日から東京・日比谷のTOHOシネマズシャンテ、東京・渋谷のシネマライズほか全国で公開される。

映画『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』などで知られるスペインのペドロ・アルモドバル監督の最新作となる同作は、妻を亡くした天才的な形成外科医ロベルが主人公。妻の命を救えたはずの画期的な人工皮膚の開発に執念を燃やすロベルは、監禁したある人物に開発中の人工皮膚を移植して、妻そっくりの美女を作りあげる。

主人公のロベル役を鬼気迫る演技でアントニオ・バンデラス、ヒロインをエレナ・アナヤが演じる。また、『オール・アバウト・マイ・マザー』のマリサ・パレデスも出演。スタッフ陣には撮影のホセ・ルイス・アルカイネ、美術のアンチョン・ゴメスらアルモドバル監督作品の常連が名を連ね、異様な運命をたどる男女の物語を官能的な映像美によって描き出している。

CINRA.NETでは、5月15日(火)18:30(開場18:00)から東京・ブロードメディア・スタジオ月島試写室(東京都中央区月島1-14-7 旭倉庫2F)で行われる『私が、生きる肌』試写会に10組20名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2012年5月1日)

『私が、生きる肌』

2012年5月26日(土)よりTOHOシネマズシャンテ、シネマライズほか全国で公開
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:
アントニオ・バンデラス
エレナ・アナヤ
マリサ・パレデス
配給:ブロードメディア・スタジオ

(画像:『私が、生きる肌』 Photo by José Haro ©El Deseo)

『私が、生きる肌』 ©Photo by José Haro・El Deseo
『私が、生きる肌』 ©Photo by José Haro・El Deseo
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く