ニュース

天才医師が監禁&皮膚移植で亡き妻を再生、アルモドバル監督の最新作『私が、生きる肌』

禁断の実験に没頭する形成外科医を描いた映画『私が、生きる肌』が、5月26日から東京・日比谷のTOHOシネマズシャンテ、東京・渋谷のシネマライズほか全国で公開される。

映画『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』などで知られるスペインのペドロ・アルモドバル監督の最新作となる同作は、妻を亡くした天才的な形成外科医ロベルが主人公。妻の命を救えたはずの画期的な人工皮膚の開発に執念を燃やすロベルは、監禁したある人物に開発中の人工皮膚を移植して、妻そっくりの美女を作りあげる。

主人公のロベル役を鬼気迫る演技でアントニオ・バンデラス、ヒロインをエレナ・アナヤが演じる。また、『オール・アバウト・マイ・マザー』のマリサ・パレデスも出演。スタッフ陣には撮影のホセ・ルイス・アルカイネ、美術のアンチョン・ゴメスらアルモドバル監督作品の常連が名を連ね、異様な運命をたどる男女の物語を官能的な映像美によって描き出している。

CINRA.NETでは、5月15日(火)18:30(開場18:00)から東京・ブロードメディア・スタジオ月島試写室(東京都中央区月島1-14-7 旭倉庫2F)で行われる『私が、生きる肌』試写会に10組20名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2012年5月1日)

『私が、生きる肌』

2012年5月26日(土)よりTOHOシネマズシャンテ、シネマライズほか全国で公開
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:
アントニオ・バンデラス
エレナ・アナヤ
マリサ・パレデス
配給:ブロードメディア・スタジオ

(画像:『私が、生きる肌』 Photo by José Haro ©El Deseo)

『私が、生きる肌』 ©Photo by José Haro・El Deseo
『私が、生きる肌』 ©Photo by José Haro・El Deseo
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く