ニュース

北野武ことBEAT TAKESHI KITANOの個展『絵描き小僧展』が日本初上陸

北野武ことBEAT TAKESHI KITANOの個展『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展 Fondation Cartier pour l'art contemporain』が、4月13日から東京・初台の東京オペラシティ アートギャラリーで開催される。

コメディアン、映画監督など様々な顔を持つBEAT TAKESHI KITANO。日本で初の個展となる同展では、「眠くなかったり、眠りたくない夜は絵の具や鉛筆を使って絵を描く」と語るほど日常的に制作されてきたという数々の絵画、インスタレーションなどが展示される。また、フランス・パリのカルティエ現代美術財団で開催された個展以降に制作された初公開作品も展示されるほか、観客参加型のワークショップも開催予定だ。

なお、BEAT TAKESHI KITANOは同展について「この個展を通して、アートって言葉に、もっと別の意味をもたらせたらいいなと思う。アートって特別なものじゃなく、型にはまらず、気取らず、みんながすっと入っていきやすい、気軽なものであるべきだと思う。日本開催が実現できてうれしいし、ぜひ多くの方に楽しんでもらいたい」とコメントしている。

前売チケットの一般発売は3月10日からスタート。3月9日まではセブンイレブン限定でオリジナルグッズ「絵描き小僧のぬり絵帳」付き前売チケットも先行発売中だ。


『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展 Fondation Cartier pour l'art contemporain』

2012年4月13日(金)~9月2日(日)
会場:東京都 初台 東京オペラシティ アートギャラリー
時間:11:00~19:00 金、土曜は20:00(最終入場は30分前)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日 ※GW中は無休)、8月5日(日)
料金:1,300円 大学・高校生1,000円 中・小学生800円
※未就学児無料、障害者手帳をお持ちの方および付添1名無料

(画像上から:Beat Takeshi Kitano, 2009 Acrylic paint on canvas, 91 x 117 cm Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc.、Beat Takeshi Kitano, 2008 Acrylic paint on canvas, 100 x 80 cm Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc.、Beat Takeshi Kitano, 2009 Acrylic paint on canvas, 100 x 80 cm Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc.、Beat Takeshi Kitano, 2010 (Animal and Flower Vase : Raccoon) Fabrication Cleto and Alessandro Munari Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc. Photo André Morin、Beat Takeshi Kitano, 2009 (The Blue Dharma) ©Office Kitano Inc. Photo André Morin)

Beat Takeshi Kitano, 2009 Acrylic paint on canvas, 91 x 117 cm Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc.
Beat Takeshi Kitano, 2009 Acrylic paint on canvas, 91 x 117 cm Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc.
Beat Takeshi Kitano, 2008 Acrylic paint on canvas, 100 x 80 cm Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc.
Beat Takeshi Kitano, 2008 Acrylic paint on canvas, 100 x 80 cm Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc.
Beat Takeshi Kitano, 2009 Acrylic paint on canvas, 100 x 80 cm Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc.
Beat Takeshi Kitano, 2009 Acrylic paint on canvas, 100 x 80 cm Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc.
Beat Takeshi Kitano, 2010 (Animal and Flower Vase : Raccoon) Fabrication Cleto and Alessandro Munari Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc. Photo André Morin
Beat Takeshi Kitano, 2010 (Animal and Flower Vase : Raccoon) Fabrication Cleto and Alessandro Munari Collection of the Fondation Cartier pour l'art contemporain ©Office Kitano Inc. Photo André Morin
Beat Takeshi Kitano, 2009 (The Blue Dharma) ©Office Kitano Inc. Photo André Morin
Beat Takeshi Kitano, 2009 (The Blue Dharma) ©Office Kitano Inc. Photo André Morin
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年