北野武

初監督作の『その男、凶暴につき』(1989)以降、『3-4×10月』(1990)、『あの夏、いちばん静かな海。』(1991)、『ソナチネ』(1993)、『みんな~やってるか!』(1995)、『キッズ・リターン』(1996)と続けて作品を発表し、『HANA-BI』(1997)では『第54回ベネチア国際映画祭金獅子賞』受賞の他、国内外で多くの映画賞を受賞、評価を不動のものにした。その後、『菊次郎の夏』(1999)、日英合作の『BROTHER』(2001)、『Dolls』(2002)に続き、『座頭市』(2003)では自身初の時代劇に挑戦し、『第60回ベネチア国際映画祭銀獅子賞』を受賞。芸術家としての自己を投影した3部作『TAKESHIS'』(2005)、『監督・ばんざい』(2007)、『アキレスと亀』(2008)に続き、「全員悪人」のバイオレンスエンターテイメント『アウトレイジ』(2010)と続編の『アウトレイジ ビヨンド』(2012)が大ヒットを記録した。『龍三と七人の子分たち』は、17作目の監督作品となる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

思い出野郎Aチーム“ダンスに間に合う”

思い出野郎Aチームが6月30日にリリースする7inchシングルのPVは、オフィスの中で描かれるドラマ仕立ての映像。歌詞にもあるように、散々な日でもひどい気分でも、そのどこかに潜む祝福すべき一瞬を、メロウなグルーヴで捕まえる。(飯嶋)