ビョーク、山本耀司、ボウイが「なぜクリエイティブなのか」語る映像公開

ドキュメンタリー映画『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~』の本編映像が公開された。

本日10月12日公開の同作は、BMW、フォルクスワーゲンのコマーシャル製作に携わり、ドキュメンタリー作家としても活動するハーマン・ヴァスケ監督が「あなたはなぜクリエイティブなのですか」という問いの答えを知るために、世界中でインタビューした千人超から107人を選出したもの。

公開された本編映像には、Bjork、山本耀司、デヴィッド・ボウイが出演。Bjorkは「それが普通、だけど自分が異質な存在だとは思わない。家族も私と同じだと思ってる。彼らははた目には創造的じゃない。暖炉を創ったりしている。祖父は作ったばかりの暖炉を私に見せてきた。歌う私と同じ誇らしげに。彼もクリエイティブ」と答えている。

「僕が?」とおどける山本耀司は「人は誰でもこう思っているはずだ。“理解されたい”だからこそ人は行動するし物を創り出す。言葉で理解を求める時もある。だが同じように理解を求めたとしても、一般人と芸術家では立場が違う。芸術家と呼ばれる人々は才能を持っている。フェアじゃない、時として不運だ。芸術家の人生は創造の日々だ、中断はない。泊まらない列車みたいだ。常にせかされているようで落ち着かない。創造力は必須でそれなしには生きられない」とコメント。

デヴィッド・ボウイは「“見つけたい”という願望を僕が持っているせいかな。たとえば大海原へ舟を出して世界の端に着いてもそこから落ちることはない。さらに進むべき海を僕はその先に見いだせる。創造的にいようと努力することは人間にとって数少ない価値ある試みだと思う。自ら操縦する飛行機を墜落させても助かるよ。創造的いることは一種の知的冒険だ」と語っている。

なお作中には、ボウイ、Bjork、山本に加えて、クエンティン・タランティーノ、ジム・ジャームッシュ、ペドロ・アルモドバル、イザベル・ユペール、スティーヴン・ホーキング、マリーナ・アブラモヴィッチ、ヤーセル・アラファト、Bono、ジョージ・ブッシュ、ウィレム・デフォー、ウンベルト・エーコ、ミハイル・ゴルバチョフ、ミヒャエル・ハネケ、ヴェルナー・ヘルツォーク、サミュエル・L・ジャクソン、アンジェリーナ・ジョリー、北野武、ジェフ・クーンズ、ダイアン・クルーガー、スパイク・リー、ネルソン・マンデラ、オノ・ヨーコ、Pussy Riotらが出演している。

作品情報

『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~』

2019年10月12日(土)から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督:ハーマン・ヴァスケ 出演: デヴィッド・ボウイ クエンティン・タランティーノ ジム・ジャームッシュ ペドロ・アルモドバル Bjork イザベル・ユペール スティーヴン・ホーキング マリーナ・アブラモヴィッチ ヤーセル・アラファト Bono ジョージ・ブッシュ ウィレム・デフォー ウンベルト・エーコ ミハイル・ゴルバチョフ ミヒャエル・ハネケ ヴェルナー・ヘルツォーク サミュエル・L・ジャクソン アンジェリーナ・ジョリー 北野武 ジェフ・クーンズ ダイアン・クルーガー スパイク・リー ネルソン・マンデラ オノ・ヨーコ Pussy Riot ほか 上映時間:88分 配給:アルバトロス・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ビョーク、山本耀司、ボウイが「なぜクリエイティブなのか」語る映像公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて