『血と骨』崔洋一監督の死去に寄せて北野武がコメント発表。「がっくりしている」

メイン画像:北野武 公式サイトより

映画監督の崔洋一が11月27日にがんで亡くなった。73歳だった。

崔監督は1949年生まれ、長野出身。在日韓国人2世として育った。東京朝鮮中高級学校高級部卒業後、東京綜合写真専門学校を中退して映画業界に入った。1976年公開の大島渚監督作『愛のコリーダ』、1978年公開の松田優作主演作『最も危険な遊戯』などの助監督を務めたのち、ドラマ監督を経て1983年に『十階のモスキート』で映画監督としてデビューした。1993年の『月はどっちに出ている』で評価を確立し、2004年公開の梁石日原作、ビートたけし主演の『血と骨』も話題作となった。

俳優としても大島渚監督『御法度』に出演し、ビートたけし、松田龍平らと共演。同作で『第53回カンヌ国際映画祭』に招かれた。山田洋次から引き継いで2004年から日本映画監督協会の理事長を務め、今年になって本木克英へとバトンを渡していた。

北野武も追悼。「がっくりしている」

生前に親交があったビートたけしこと北野武は、オフィシャルサイトで11月27日に追悼コメントを発表

次から次へと同じ世代の映画仲間が死んでしまい、がっくりしている。
崔さんと映画制作の中で喧嘩もしたし、 酒飲んだり色々な事があった。みんな良い思い出です。
- 北野武 公式サイトより

DOMMUNEで生前配信された『崔洋一最後の闘争』も年内解放中

また、5月28日に配信されたDOMMUNEのプログラム『崔洋一最後の闘争』と6月14日に配信された『崔洋一 最後の闘争 2』が、YouTubeで無料公開中。2022年内の公開を予定しているとのこと。
北野武 公式サイト


フィードバック 2

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『血と骨』崔洋一監督の死去に寄せて北野武がコメント発表。「がっくりしている」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて